引用

心地よく過ごせるように

ヘニング・シュミートさんは旧・東ドイツ出身のピアニスト。故郷はずいぶん山深いところだそうです。JAZZピアニストと紹介されることもありますが、クラシック、エスニッックな音楽、とにかく分け隔てなく、また気負いもなく様々な楽曲を弾き、様々な人たちとセッションされています。
51ZdlBMROxL去年の冬に来日して演奏会を行い、音楽ホールだけでなく、神戸の旧グッゲンハイム邸や鎌倉の旧・里見弴邸(西御門サローネ)などでも演奏され、いつも観客のそばにいる彼らしいツアーだったようです。
ご紹介したいのは、彼が2008年に発表したアルバム「Klavierraum」。奥様が妊娠されていたとき「暑い夏を心地よく過ごせるように」との想いから作られたアルバムです。アコースティックなピアノ音だけではないんですが、それもやさしい使い方です。
鬱陶しい季節に、彼の奥様への愛情をちょっとご相伴…
オススメの作品です。

ヘニング・シュミート「Klavierraum」( Flau )2008年

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中