こどもの国

この10日(2015年6月10日)に放送されていたNHK-BSの番組「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」は「ビートルズ旋風 初来日 熱狂の103時間」。つまり1966年のビートルズ来日コンサートにまつわる物語でした。
彼らを呼んだプロモーター氏の秘書さんや警視庁の(当時の)警備担当のトップの方へのインタビューなどで構成された番組で、僕の印象に残ったのは、その警備担当者の「警備哲学」みたいなものでした。

どういう警備哲学だったか…

一言で言えば「親心」。かわいい国民に万が一の事故があってはならない。ビートルズをホテルに缶詰にしたのもビートルズに危険が及ぶからではなく、息子や娘たる国民を傷つけてはならないから…そして、自分のやっていることは間違えていないという、きわめて主観的・無査証な信念…娘の羽をもぎ取って深窓の令嬢に仕立てる出来の悪いオヤジさんのようなのです。

そして、今日に至るも、その信念にいささかの揺るぎもない。

たぶん、日本人をオールアマチュアな子どものまま歳をとらせてしまったのは、こういう「官」つまりお役人の考え方によるのでしょう。

そして、今や、その「官」までもがアマチュアの巣です。出来の悪い親御さんさえいなくなった「こどもの国」です。
そこに災害普及、原発事故という未曾有の問題が起こり、急速な少子高齢化の時代が横たわる…

たぶん、どこかでパンクするでしょう。
しつこいようですが、準備できる人はそれまでに準備です。たいして時間はありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中