集める時代/集まっている時代

「群衆の一員であること」がこの上ない安心感につながって、そうしたことをとても大切にしている方もいる。
でも、かつてのプロ野球の私設応援団みたいに、一人の名物リーダーにスタンド全体が従うっていうんじゃなくて、もっと自然発生的で、それぞれに自発的な応援ですよね。
大私設応援団の本部と支部っていう感じじゃなくて、試合の後に行った飲み屋さんで知り合った人たちがラインでつながったようなコミュニティ…

たぶん、多勢の人を統一的に集めていくという発想自体が過去のものになりつつあるんでしょうね。
もう一糸乱れぬ大規模工場の工場労働っていう時代じゃないですもんね。

これからは、いい意味でも悪い意味でも「個人」な時代ですからね。
説得して集まってもらうより、真似したくなるようなライフデザインで生きちゃうことなんでしょう。

リアルな世界でもSNSでも、集まろうとしていることに無理がある時代になって、現に、野球コミュニティも離合集散が激しいみたいです。

集める時代も 集まっている時代も もうすぐ終わるのかもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中