この大空も翼もいらない

インターネットがインフラの今日に比較すれば、10代の僕らには情報がなかったなぁーと思います。
でも、だからバカみたいに夢が追えたんじゃないかと思います。
デザイナーになりたいとか、全国ツアーができるようなミュージシャンになりたいとか(そういえば松田優作になりたいっていうやつもいたなー)。

身の程知らずの夢…

でも、今の若い人はちゃんと自分の偏差値をわきまえている感じがスタンダード。
MARCHな感じはあくまでもMARCHな感じだし。ヤンキーはヤンキー。つまり、自分が今いる位相から出ようとしない感じなんです。

もちろん、突拍子もない人はいるし、面白い人もいる。そういう人は僕らに世代では考えられないくらい型にはまらず、我が道を行く。
でも、たいていの場合は「私には無理」っていわれちゃう。「ごっこ」的なことで十分。「本気でプロを目指そう」なんていったら迷惑がられてしまう…

ただ、消費者としての彼らは「ごっこ」的なクオリティに満足しなくなってきている。インターネットがあるから比較検討も検索も容易ですからね。

彼らは、この矛盾をどうするんだろう。
それだけは心配ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中