開発は

自動制御の攻撃機やロボットたちが最前線に立つようになると、政府や軍上層部は「プライベート・ライアン」に描かれていたような気を使わなくてもすむようになるのでしょう。
例えば、いきなりの東京攻撃のような迎撃リスクの高い作戦でも「試しにやってみる」ことができるのだと思います。
怖がる兵士たちをなだめすかして最前線に送り込む手間もありませんし、数人のゲーム・プレーヤーを会議室に集めてミーティングすれば、それで戦闘態勢を整えることができる…

自動制御の攻撃機やロボットの開発はどこまで進んでいるのでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中