孫悟空なんだから

それまでの長い間、狩猟採取でやってきた人類が、その生業形態を変えてまで農業をするようになった…
その背景には、1万5千年ほど前から始まった気候の大変動が絡んでいたことが近年の考古学の(特に実証考古学の)研究の成果から次第に明らかになってきています。
ヤンガードリアス期という寒の戻りがあって,その後1万年前から始まった完新世という安定的な気候温暖期に,地球の環境は劇的に変化し,その環境に適応するために農業が始まったと、今はそのように考えられています。

薩摩半島から約50キロ南の大隅海峡にあるカルデラを鬼界カルデラといいます。いまから7千3百年前に大噴火し、それまでに九州や西日本各地に育った縄文文化に壊滅的な被害を与え、その後、新たな渡来人(弥生人や古墳時代の人々)が入ってくるまで九州や西日本は縄文文化の空白区になります。もしも鬼界カルデラの大噴火がなければ、鹿児島県が現在のような悩みを抱えているかどうか。東京や京阪神が辺境だった可能性もあります。

僕らは地球の子。どんなに金団雲を飛ばしても、観音様の掌から出れない孫悟空です。

仮に、温暖化が人間のせいでなかったとしても、人間に独善的な行いは慎むべきです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中