戦争も「群」の時代を終え

近く、戦争も、何十機かの無人戦闘機や戦闘ロボットをひとりのコントローラーが繰って行う…そんな感じになっていくのでしょう。
第一次世界大戦のとき、戦車と戦闘機が現れて、第二次大戦のときに重爆撃機が現れたように、
大人数を訓練して編成して規律に従わせる時代は終わり、戦闘は戦場から離れたところに居る数人のコントローラーのチームワークに拠るものになる…そうすればRPGなどの延長線上で戦争ができるようになるし、兵士のリクルートも容易です。

でも、そうなれば兵士と兵士の直接対決はなくなり、ターゲットはもっぱら「一般の市民」ということになる…

つまり「玉砕」は無くなるが「無差別爆撃」と兵士がいない「裸の市街戦」が横行するようになるというわけです。

早ければ、次の世界大戦でその口火が切られます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中