その後が

「彼についての信任投票ではない」とは、彼自身もそれぞれの専門家やコメンテーターのみなさんも繰り返していたことです。
でも「大阪都」は、彼が投じた一石。大阪市という大都市で住民投票に持ち込んだのも彼です。
その彼に、自民党と共産党までが(つまり既存政党の全部が)対抗して、びっくりするぐらいの僅差です。
彼の政党は組織力を持たない。つまり彼の個人プレーです。
その個人プレーに、ある程度の歴史を積み上げ、その積み上げたものを力にしているはずの既存政党が「首の皮一枚」です。

この現象に、昨今の選挙の超低投票率を重ねて考えてみると、与党だの、野党だのと言わず、すべての既存政党、つまり既存の政治家たちが庶民にどう映っているのかがよくわかります。

たぶん、既存政党が政治に関わっている限り投票率は上がらないでしょう。そういう意味では、彼だって政党の長として公認候補を推す立場だったら、これほど強かったかどうか…

終わりを予感しなくて何を予感しましょう。確かに、これは大阪だけの話しではありません。

でも、終わってどうなるのか…
安倍さんたちが思う「民主主義の大リストラ」も考えられるし、これから「日本の洗濯」が始まるのかもしれないし…

ホントは瀕死が実情の大阪に、これから何が起こっていくのかで、少しは占いの卦が立つようになるのかもしれませんが。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中