ガイドブックを持たずに

自分のことを丁寧に描写してみようと試みる前に、既存の言葉(例えば「ひきこもり」とか)のイメージに、自分を当てはめて考えちゃうっていうことはないですかね。
服飾にしろ、学校にしろ、なんでも最大公約数的な既製品があって、選択肢はS、M、L、XLぐらい。そういう時代になって久しいですからね。仕方ないとは思うんですが「心」は既製品じゃあ満足してくれません。

僕は「ひとりでいる」のが好きですが、そういうことに、自ら「孤独」というレッテルを貼って、ほとんど友だちと交流しないことを「寂しい人だ」として、望まないのに毎日のように飲みに出かけていたり、河原でバーベキューやってたりという方向で日々をデザインしてたら、返って病んじゃうと思うんです。

難しいことかもしれませんが、ガイドブックを持たずに自分を旅行してみた方がいいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中