観光ルート

多数決っていうのは「その意見や見方を支持する人が過半数を超えて多かった」ということを論拠に採用・不採用を決める決め事ですから「その意見が正しいのか」を査証するシステムにはなっていないわけです。
同様に、なんかのアンケートで「みんなが行ってみたいと思う観光地の第1位は北海道」みたいな結果が出ても、その北海道がホントに面白い観光地かどうか、このアンケートからはわからないわけだし、故に「みんなが行ってみたいと思う観光地の第1位は北海道」を売り文句にしてお客さんを集めようっていうのも愚の骨頂なんだと思います。

でも、なぜか「多数決の多数は“正しい”」と思ってしまうし「みんなが行ってみたいと思う観光地の第1位」は「きっといい観光地に違いない」と思ってしまう僕らがいますね。

だいたい「北海道」っていっても「広ぉーござんす」で、いいところもあれば、行かなきゃよかったというところもあるはずだし、どこからどこまでが観光地で、どこからどこまでが「普段着の北海道」なんだかもわからない。北海道のどこかの「普段着の街」を訪れて、ああよかったなという感想を持ったとしても、それは「観光地であるところの北海道」を訪れて「よかったと思った」ということになるのかどうか…

いずれにせよ。観光は他人が記した「地球の歩き方」をトレースしてもしょうがない。個人の嗜好に拠る「個人の楽しみ」ですからね。どこへ行くのも出たとこ勝負が一番。「失敗しない旅」を第一に考えるから、どこへ行ってもステレオタイプな旅になってしまうのでしょう。

ホントは観光ルートを外れてからが「旅」ですからね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中