狐につままれたような

何度通りかかっても沢渡中央公園には狐につままれたような気分にさせられます。横浜駅までは歩いて7〜8分ほど。現在の横浜にあってはダントツの乗降客数を誇るターミナル駅であり、その周辺は当然ながらダントツの繁華街であり、それなりにオフィスもある。その至近な場所に沢渡中央公園はある…

ちょっとピクニック感覚なお弁当を広げる人も少なくない公園の芝に腰を下ろして青空を眺めていると、そういうことが信じられないのです。

至近な横浜西口あたりは繁華街というより歓楽街の趣もあり、ちょっと「芥」な場所です。つまり風俗な感じもあり、運河沿いにはおでんの屋台が立ち並び、歩く若者たちにタトゥーも散見できるという…そういうお土地柄な場所です。

沢渡中央公園は「おでんの屋台」からなら5分ほど。そこに清々しい風が吹く公園があるのです。

戦前の地図には繊維試験所(農商務省)とあります。その試験所が産業技術総合研究所が独立行政法人になり「つくば」に移転した後に公園化されたというのが経緯なようです。公園化されたのは1984年だそうですから、そう古いことではありません。その割に「とってつけた」ような感じがないのは造園された職人さんたちの技量ということでしょうか。

いずれにせよ「賜物」です。きょうも感謝しつつ柔らかい土を踏み横浜駅へ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中