悲しい

確かに、どうやったら「自衛隊を海外に派兵できるか」という議論であって、「自衛隊を派兵すべきではないのでは」という議論はどこかに飛んでしまっています。

(封じ込められているというか…)

安倍さんたち、あるいは安倍さんのスポンサーさんたちは、憲法9条を持つ国で「どうやったら戦争に参加できるか」ということに腐心している…明らかです。
つまり、近く戦争だし、戦争が近いから強引に事を進めているわけです。

国民のことを第一に考える政府なら、攻められてもいないのに海外に国民を派兵する法律をつくろうとはしないでしょう。
国民の命を危険にさらすことより、戦争に乗ってビジネスな旨味をとることを優先したからこその「自衛隊海外派兵」です。

どこかの国が「攻めてきそうだから」ではないのです。こちらが海外に出かけて行って戦闘するための法律改正です。無論、派兵される兵士も「愛する家族を護るため」に戦場に赴くのではありません。

現在、この国の民主主義を握っている世代には、所詮「他人事」なんでしょう。
悲しいほどに無風です。

ホントに悲しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中