悲しくて悲しくて

靖国神社っていうのは政府の呼びかけや法律的な縛りで戦場に赴き、そして亡くなった人々やお役人として殉職した人などを祀った施設なんでしょうから、政府の要人がここを参拝するのは、ある意味、筋が通ったことだと言えます。

(うちの叔父貴も靖国神社にいることになっています)

でも、これを「神社」と定義していいものかどうか…そういうことについては大きな疑問が残ります。

また、政府の要人(あるいは政府)が靖国神社だけを大切にし、東京大空襲の被災市民などの慰霊施設におざなりだにしているのだとすれば、僕はその政府を信用することができません。国民が支払った税金の使い道を決められる人たちなのに、とも思います。

安倍さんが習近平さんと会談をして、間髪入れずの閣僚の参拝というのもどうかと思います。政府の要人が中華人民国政府を刺激したいのか。あるいは刺激することを喜ぶ人たちを喜ばせたいのか。いずれにせよ。国交にプラスになることもなし、先進国にしてはあまりに短慮な行動です。

高市大臣の「いずれの国であっても、国家のために命をささげた方を追悼するということが外交問題になってはいけない。外交問題であるべき性質のものではないと思っている」という発言も、ホントウにご本人の意向なのか、それとも誰かを喜ばすためにそうおっしゃっているのかはわかりませんが、まちがいです。
「国策に殉じた」とはいえ、それは「戦争」という国策が大半を占めるわけです。そして戦争には当然相手国があります。戊辰戦争は「内乱」ですから、確かに「外交問題であるべき性質のものではない」かもしれませんが、日清・日露、第一次、第二次世界大戦は、日本という国の国内で戦争をしていたわけではありません。だいたい、わが国の刑法犯罪でも、被害者に配慮するよう制度を(あるいは法律を)改善していく流れにあるじゃないですか。それなのに、戦争ともなれば相手国のことは気にしなくていいではスジが通らないと思います。

振り返れば、僕も、こういう政府を民主主義的な選挙を経て選択したことになっている国民の一人です。
忸怩たる思いがあります。

悲しくて悲しくてとてもやりきれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中