灯 火

車椅子の方を介助する駅員さんに、その車椅子の方がお礼を言う。するとそれに応える彼女の声がホントに弾んでいて「お客さんが喜んでいる」を、彼女は心底喜んでいるんだなということが、僕にも伝わってきました。

彼女は20代前半でしょう。でも、10代や20代という若い世代にはそういう人もいます。僕自身、まだまだ身体がいうことを聞かない頃に、そこでスマホをいじっていた女子高生に、ごくごく自然にバスに乗るのを手伝ってもらったことがあります。散歩していて、そういう場面に出会うことも珍しくはないのです。

工業生産時代に均質な部品のように育てられた僕らと違って、彼らには個人差があります。残念ながら、何事も「かったるいよ」と斜に構えていることが反抗だと勘違いしてきた僕らの世代の遺伝子を正統に受け継いでいる人も少なくはありません。

でも、やさしい人もいるのです。

きょう出会った彼女。周辺の乗降客に「ご協力ありがとうございました」と頭をさげる彼女の言葉に嘘や演技はなさそうでした。

彼女の教師は誰だったのでしょう。たぶん親御さんは僕らと同世代か少し歳下か…そういう世代だと思います。故に彼女の教師にはなれなかったろうと思うのです。

隔世遺伝というか、日本文化の命強さなのか。いずれにせよ。ありがたいことだと思います。

安倍さんのいう「戦後レジームを終わらせる」には賛同できませんが、自分の権利を主張することばかりに熱心で、思いやりのない時代は終わりになればと思います。若者たちの中に灯火は灯っています。不可能ではありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中