さらば青春

「それはあなたの我がままじゃないの?」と指摘すると、たいていは「それは私の権利だ。自分の権利を主張して何が悪い」と反論される…最近はこういう場面に出くわさなくなりましたが、いわゆる「団塊の世代」あたりのみなさんが不惑な頃はそんな感じでした。

その一方で、面倒ごとについては「俺には関係ない」と嘯く…大船(大船)に乗ったつもりでいろとさんざん旗を振っておいて、船が沈みかけるとさっさと船から避難してしまう…彼らは自分の欲望とご都合に正直でした。彼らは「やせ我慢」とか「武士は食わねど高楊枝」みたいな感覚を持っている人のことをバカにしていました。

たぶん、工業生産時代の教育で育ってきて、自分に与えらえている「分担」以外のところには関心を持たないことが習い性になっていたのでしょう。その上で、消費意欲を煽るために、消費者としては自己実現、自己実現と煽られてきたわけですからね。無邪気に「自分本位」。その点については子どものままなのです。

それなりのサラリーを得て、終身雇用で、今は悠々自適という姿をブログで発信する。
そんなことを「被災から避難を続けながら子育てをしている世代はどう見るか」という配慮なしでやってしまう…

それが彼らです。

ホントは「世代」なんていうドンブリ勘定で個人を語っちゃいけないんですが、工業生産時代に育った世代に限っては「世代別」でハズレがないようにも思えます。あの頃は、現在のように様々な情報源がある時代ではなく「画一的な学校教育と東京キーからマスに発信される情報」だけしかない時代。加山雄三か左翼かのどっちかという、そんな感じの彼らです。

例外はホントに少ない…

死ぬまで青春で走り抜ける…それは彼らの勝手ですが、若者たちの未来に無配慮なまま、自分の「思い通り」や「夢」を追求すれば、怨みは買うのだろうと思います。若い世代が苦しくなればなるほどそうでしょう。

いつかは世代ごとターゲットになるんだろうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中