歩道のバレエ

ジェイン・ジェイコブズさんは1916年生まれ(2006年にお亡くなりになりました)。都市問題を論じたジャーナリストであり、運動家でもありました。彼女は都市、特に大都市の発展の原点は、その多様性にあると考えていました。
多様な者たちが混在していることこそが都市に活気をもたらし、逆に一様に塗り固められていくようになれば、やがて「都市は死ぬ」と考えていました。

G.ラングさんとM.ウンシュさんによる彼女の評伝「常識の天才 ジェイン・ジェイコブス 『生と死』まちづくり物語」にこんな一節があります。

「彼女(ジェイン・ジェイコブズさんのこと)は、小さな商売、レストラン、そして娯楽の場所は、住宅と混在させられるべきであると思っていました。彼女は、自宅から遠くない所に、額縁屋、美容院、そしてダイビング用具を売っているお店を見つけられるという考え方が好きでした。彼女は美術館の近くに魚市場があることが好きでした。ジェインは、「混在した用途」(“mixed uses”)−活動の複雑な寄せ集め−は、活気に満ちた都市生活の要素であると結論を下しました。」

今度は、僕が生まれた年(=1961年)に出版された彼女の著作「アメリカ大都市の死と生(The Death and Life of Great American Cities)」から引用します。「わたしの暮らすハドソン通りは、毎日複雑な歩道バレエの場面となります」からはじまるシーケンスの一節です。

「都市街路の信頼は、街頭で交わす数多くのささやかなふれあいにより時間をかけて形づくられています。ビールを一杯のみに酒場に立ち寄ったり、雑貨店主から忠告をもらって新聞売店の男に忠告してやったり、パン屋で他の客と意見交換したり、玄関でソーダ水を飲む少年二人に挨拶したり、夕食ができるのを待ちながら女の子たちに目を配ったり、子供たちを叱ったり、金物屋の世間話を聞いたり、薬剤師から1ドル借りたり、生まれたばかりの赤ん坊を褒めたり、コートの色褪せに同情したりすることから生まれるのです。」

こうした情景を彼女は、歩道という舞台で演じられるバレエのようだと称えたわけですが、確かに、個性が個性のままに響き合う時間を過ぎせそうな街角なら、それ以上に豊かなものはないでしょう。

大都市は、さまざまな事情でどこかの故郷をあとにしなければならなかった人々や、彼らの末裔たちが暮らしている場所です。そして、彼らの持ち寄る生活文化が混じり合って、新しい何かが生み出される…
それが都市の醍醐味であり、都市の経済力の源泉になります。

豊かな出会いをもたらすためには、まず、あらゆる「壁」を取り払うこと。それ故、扉を開けたとたんに、カウンターに並んだ常連が一斉にギロっとこっちを睨む…みたいなお店はつくるべきではないんでしょう(それでは都市の中に「村」をつくるようなことになってしまいますもんね)。

見知らぬ顔も見知った顔も、同じ空間と時間を共有してホッとできること…そして、その空間を共に場所として熟成していくこと。

都市の活性化は「非日常」ではなく「日常」から始まっていくようです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中