受け手

昔、街場には音楽評論家を気取った人がいて、彼らは確かに「データ」としてのジョン・コルトレーンに詳らかでしたが、肝心の「ジョン・コルトレーンの奏でた音楽」については主観的な感想に終始し、それ故に、よく「論争」をしていました。
だいたいジャズが好きという割には、雑誌が紹介したメジャーな演奏家のことしか知らず、ジョン・コルトレーンをジャズ全体の中で位置付けられるほどジャズを聴いたという経験は持っていませんでした。

当時はレコードでさえ高価で、ニューヨークにジャズを聞きに行くことができたのは、ほんの少数だったのです。

そして、その「ニューヨークにジャズを聞きに行くことができ、ほんの少数」や「高価なレコードを山ほど買える少数」が、プロフェッショナルな音楽評論家としてマス・メディアでトレンドをつくっていました。
世はまさに工業生産時代。マス・メディアが「これが次のトレンドだ」とするものをいち早くコピーすることがステイタス。でも、たいていの人には「ニューヨークにジャズを聞きに行くことができる」「高価なレコードを山ほど買える」資金力がなかったわけですから「街場の音楽評論家の実力」を担保するものは、雑誌に書いてある文章とデータ。だからこそ「街場の音楽評論家」の実力は、音楽についての理解力よりも、言葉としての「説明の上手さ」や、雑誌をどれだけ読み込んでいるかみたいなことで評価されるようになり、故に「音楽を聴く力」が育つことはありませんでした。

今の若い人たちは「何年何月、どこでレコーディングされたアルバムの何曲目のギターのリフがどうだ」みたいな観点からはずいぶん自由です。ジャズ・ファンを自称しているのに中森明菜を評価するのはおかしいみたいな考え方も過去のものです。

この方向でいけばいいなと思います。

たったひとりの偉大なアーティストの出現よりも「受け手」の成熟。言語的、数値的な情報の量を蓄えようとするより、主観を越えて楽曲を評価できる力を身につけること。

実現すれば、この国の文化の状況はもっと豊かになると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中