大きすぎる組織/グローバル

unicefは、月々5、000円の支援が「毎月、助産師が介助する安全な出産5回分の支援、あるいは、保健員が地域の母親たちに保健・衛生指導を行うための教材3セットに変わります」といいます。

…そうかもしれません。

でも、それは事実としても、5、000円の中から余剰な人件費や贅沢なオフィス空間を維持するための経費が差し引かれていて、それがなければシエラレオネにもっと多くのものが届けられるのかもしれません。

僕らにとって大きすぎる組織は、その活動が善のものであれ、悪のものであれ、大きな闇がつきまといます。

一方、たったひとりでもシエラレオネにできることは「ある」というのが「今」という時代です。

本気でしようと思うことを、たった一人でもやる…やっぱり、その方が健康なんだと思います。

unicefはグローバルな組織ですが、そのグローバルがシエラレオネという状況をつくっているのかもしれませんしね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中