募 金

きょうの夕方。寒風の中、大学生ぐらいかな、若い人たちが「カンボジアの地雷除去のために」と募金を呼びかけていました。
案の定、道行く人の反応は薄く、一生懸命に声を張り上げている若者たちがいじらしく思えました。

でもね。

地雷を除去するために、またお金を積む…っていうのはどうかな。

例えば1941年の時点で、あきらかにアメリカ人に敵意を持っていた日本人って当時の総人口の何%ぐらいだったのか。アメリカだって真珠湾攻撃があるまでは対日参戦に不同意の国民の方が多かった…つまり、戦争って喧嘩じゃないんです。おい金持ちの博打に国民が巻き込まれているだけ。

その戦争の負の遺産を片付けるために、またお金を積む。僕には途方も無いマッチ・ポンプをしているように思えます。
正義なお金の使い方を考える(あるいは実践する)より、若い人こそ「お金を使う」から距離を置き、それでもなんだか楽しそうで…って、そういうライフスタイルを自ら提案していったらどうだろう。

そして「カンボジアの地雷除去のために」も「誰かに頼むためのお金集める」じゃないんだろうな。やっぱり。

僕は、それだけが社会貢献ではないと思うけれど「できる範囲内」で完結させてしまうことからは、もう卒業しなきゃと思いますね。

「カンボジアの地雷除去」なんて大きなテーマに取り組むんなら、やっぱり「一生をかける」なんでしょう。

そんなの無理だから「できる範囲内」を容認して、数としての支持者を稼ぐ…たぶん、それは20世紀にこそ有効な方便だったんでしょう。

それよりも、一人のバカがもがく姿が、世界中から、本気の支持を集める…もう、そういう時代なんだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中