やさしい“ものづくり”の復権

かつての日本の「ものづくり」の強さは、たんに、その技術力の高さに拠るものではありませんでした。素材を敬い、慈しんで「ものづくり」をすることが普遍化し、自分のつくりだした製品を使う名もないユーザーのことを思い愛情を注いで「ものづくり」をする。その「やさしさ」こそが世界のどこにもない。日本の「ものづくり」の真の強さでありました。

でも

近代以降、特に前の大戦に敗北してからは、合衆国の文化が怒濤のように流れ込んできて単純に「自己実現」やビジネスのために「ものづくり」する人がたくさん現れて「やさしい“ものづくり”」の伝統はどこかに押し流されたようでした。そして、マスコミはじめ、世論も、そうしたことを評価しなくなっていました。

(’今も、世論は、その系譜にあり「やさしい“ものづくり”」が正当に評価されていない状況は続いています)

でも、その一方で、誰が教えたわけでもないのに、少数ながら若い人の中に「やさしい“ものづくり”」は復権しています。

もちろん、戦後の日本においても「少数派」としての「やさしい“ものづくり”」も存在はしていました。でも「少数派」であるが故に、大多数に影響を与えることもできず、一時は、その人たちとともに「やさしい“ものづくり”」は滅びてしまうのではないかと懸念されていました。ところがどっこい、一羽の鳥が運んだ種が何千キロも離れた島で発芽するように、若い人たちの中に今「やさしい“ものづくり”」が復権しているというわけです。

ある人は神輿金具の工房に。またある人は桐箱づくりの工房に。父上の跡を継いで江戸指物に精を出す若者もいます。

不思議だなーと思うのですが、そういう人たちは日本のあちこちにいます。

度々彼らに出会うので、アメリカナイズした時代というのは「はしか」みたいなもんで、この国の自然治癒力自体は衰えていなかったということなのかと思ってもいます。僕には理論的な解説はまだ不可能ですが、この幸運にひたすら感謝したいと思っています。

心から、そう思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中