ノンマルト

あの「ウルトラセブン」の第42話に名作「ノンマルトの使者」があります。

ノンマルトとは、僕ら人類の誕生以前に隆盛を極めた「前・地球人」。僕らの祖先に追われて今は深海にひっそりと暮らしている彼ら。ところが人類は、その深海をも開発しようとして衝突する。人類は「前・地球人」を深海に追いやった経緯をすっかり忘れてしまっていて、ノンマルトは、ただの異星人。開発の邪魔者。でも M78星雲からやってきたウルトラセブンはその「過去」を察し始め、ノンマルトを殲滅する自分に悩む…

「ノンマルトの使者」はそういう話しです。

ヨコハマに4代暮らす僕は、高校や大学を卒業するまでを別の街で育った人や、あるいは東京の企業、つまり「よそ者」が、好き勝手に、この街を作り替えていく様をどこかで苦々しく思っている部分がありますし、実力で、その抵抗勢力にはなれない地元の名士たちを情けなくも思っています。

でも、わが家も4代前は「流れ者」。つまり「よそ者」だったわけです。

しかも、ヨコハマ都心の大部分を占める吉田新田や太田屋新田のようにベンチャーな金儲けの再開発ではなく、村人がお金を出しあってドライランドをつくった「原・横浜村」に身代を構えてきました。彼らが苦労の末にドライランドを完成させて、ほんの数十年の後に、彼らを退去させ開港地にした「その土地に」です。

港に集まる「金」は神奈川宿、保土ヶ谷宿、戸塚宿に積み上げられていた歴史や文化を吹き飛ばし、かつての中心地を辺境に追いやるとともに、大量の「よそ者」を流入させ、その「よそ者」に多数決の「多数」を与えました。今は港北ニュータウンと呼ばれる場所も、つい最近まで豊かな田園だったところです。

ヨコハマのノンマルトは誰なのか。ひいばあちゃんがこの街にやってきてから120年以上がたちますが、わが家がノンマルトの系譜にないことだけは事実です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中