ないんだから しょうがない

「できる範囲内」で取り組めることで、次の時代にも生き残れるスキルって何かないの?
そんなこと言われても「ない」んだから仕方がないという気がします。
もちろん「気楽に取り組めること」も同様です。「気楽に取り組めること」で、明日に繫がることは皆無でしょう。

(すでにヤンキースの田中投手のような実力を身につけている方なら、むしろ「気楽に投げること」が実力発揮に繫がるのでしょうが)

そもそも、何であれ「スキルを身につける」は「苦労」ですからね。しかも、これから先の世の中に、たぶん、これまでの時代に確立されたノウハウは通じませんから、つまり「学校で習えるスキル」がそのまま「頼りになる」ということはありません。

つまり、すべては「自分に拠る」。ここがシビアなところです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中