型にはめられている

安倍さんは「東アジアの情勢が緊迫してきたんだから集団的自衛権なんだ」の一点張りです。

討論の相手が、仮に外国から攻撃されても、日本を再び「戦争ができる国」にすべきではないという論調できても、その調子です。本当は「そりゃ哲学としては美しいが、実際に多くの同胞が殺されるのを黙ってみてはいられない」的な反論をすべきでしょう。でも安倍さんはそれをしません。

なぜなんでしょう。

たぶん「戦争をする国」についての是非を問われたら「是」にならないと「集団的自衛権容認」の論理とツジツマが合わなくなる。そして「戦争をする国=是」では、いかがなんでも世論が許さないと踏んでいるからでしょう。

つまり

僕らは誤摩化されているんですね。ホントは「戦争をする国=是」って、安倍さんはそう言いたいわけですからね。

なんだか、いろいろと誤摩化され、いろいろと型にはめられてそうです。

じっと手を見る…です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中