一流の貧乏人

有限で経済的には貧乏だが、生活文化としてとても魅力的な…そういう感じ。

たぶんどこか孤独でもあり、逆に自由な感じもする。人好きだが群れない…

書いてたら、永井荷風先生の晩年みたいな感じもしますけれど、あんな文豪じゃなくてね。もっと無名な感じだが、うらやましくなるような生活文化を湛えた…

つまり「一流の貧乏人」かな。僕はそういう感じを目指したいですね。

ビジネス・チャンスなんてどうでもいいし、カジノ的なリゾートにも、海外を飛び回る暮らしにも興味はありませんし、故にTOEFULにもバカロレアにも無縁でいいやと思っています。

ただ、道端の季節の移り変わりには敏感でいたいし、そこに咲いてる草花と、自分の暮らしを喜びたい。

ブランドものより、素朴で民芸な技能に腕を振るう技能職に詳しくなりたいですしね。イベントやレジャーより普段の日、そこをどれだけ軽くして、どれだけ楽しめるようにするか。

そしてね。社会貢献は「参加型」ではなく、自分で見つけて、自分で段取りをして、自分で直接行動する。unicefに募金するのとは逆の方向。アンジェリーナ・ジョリーさんはアンジェリーナ・ジョリーさんの立場でやるべきことがあるんだろうけど、無名な僕はもっとアコースティックな感じが向いてるでしょう。

そういう意味でも等身大がいいんだと思うんです。

殊更の健康も長命も望みませんし、もちろん世間体もどうでもいい…

いずれにせよ、僕は、こういう生活を自分に実現することにとてもワクワクします。

自分で言うのもなんですが、楽しそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中