引用

街暮らしのお手本

D_P180

ご主人は郵便局に勤め、奥様は図書館司書。ニューヨークの1LDKのアパートの暮らす…そして、この2人の収入に収まる作品を、30年以上に渡って買い続け、それを世界屈指のコレクションに育て上げた…

「ハーブ&ドロシー アートの森の小さな巨人」は、そういうご夫婦を主人公にしたドキュメンター映画です。

しかも、このご夫婦、数点売れば大富豪になれるかもというコレクションを1点も売らずに、ナショナル・ミュージアムに寄贈、今も1LDKのアパートに年金暮らしという、大都市の「おふたりさま」の模範にしたい、美しい貧乏…。僕は、このご夫婦を最初にドキュメンタリーにされたのが、日本人であったということがとても誇らしかったし、佐々木 芽生監督(製作も)に心から感謝しました。

監督は、このご夫婦の存在をたくさんの人に知って欲しいと、4年半の時間を費やされて映画をつくられ、日本で先行上映、すでに5万人以上を動員しているといいます。しかも、製作資金を調達したのはアメリカの某クラウドファンディング(日本での上演資金もこの方法で調達されたようです)。何もかもが21世紀型です。そういう意味では「今はまだマイノリティ」な先駆者たちに希望の灯りをともしてもくれた方でもあります。

いずれにせよ、理屈で観るより、このかわいらしい老夫婦の暮らしぶりにちょっと微笑んでみるべきなんでしょう。

ああ、等身大だ。あたたかい。これからの街暮らしのお手本です。

街暮らしのお手本」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。
    心が温まるような静かな気持ちになれるような、素敵なブログですね。
    「ハーブ&ドロシー」も是非観てみたいです♪

    • harubocchan様 ありがとうございました。面映く思いつつ、励みなると喜んでおります。
      当方、脳出血の後遺症がありまして、ものが二重に見えているときがあり、とんでもない誤字脱字をしたりしますが
      よろしければ、ときどき、ご訪問ください。
      「ハーブ&ドロシー」DVDでもご覧になれます。
      ぜひ、あのご夫婦の暮らしに会ってみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中