ターゲットからは外れる

1945年5月28日、アメリカ合衆国で開催された原子爆弾の第3回目標選定委員会で、小倉と横浜が投下目標から外され、早くも翌5月29日が横浜大空襲です。B29爆撃機517機による爆撃だけでなく、昼間攻撃だったためにP51戦闘機101機による機銃掃射も行われました。死者だけで8千人〜1万人。横浜の市街地は壊滅しました。

(でも、一時は横浜に原子爆弾が投下されようとしていたのは事実なんでしょう。そして、本当に原子爆弾が投下されていたら都心部に暮らしていたオフクロの家は全滅だったのだと思います)

1945年7月16日、アラモゴード実験場で核実験成功。そして1945年の7月25日。原爆投下命令書(投下目標候補:広島/小倉/新潟/長崎)が発令されます。

当時の敵国だったわが国はもとより、すでに民主主義の国だったとされるアメリカ合衆国でさえ、この間のことは全く国民には知らされていません。衆議に拠る多数決を原則にするとはいっても実態はこんなものなの。でも、彼らは何が行われるのかもしらぬうちに、加害者のような立場に置かれてしまいます。

今だって、何がどういうふうに進められているんだか…。上の方から見れば、僕らは蟻ん子のようなものなのかな。被爆直後の広島では、米軍によって、明らかに「治療」ではなく、人体への効果測定のような調査が行われていたといたといいます。ただ、この調査に当たっていた「徴兵による米軍兵士」は二次被爆の危険性について、ほとんど何も知らされていませんでした。

さて、僕らは何を信じて生活を組み立てていきましょう。

いや…

何かを信じてついていくんじゃなくて、確たるところは「自分でつくる」なんでしょう。

…違うかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中