私立の街づくり

陳述記憶というのは、言葉によって他の人に伝えることができる記憶です。自分の経験をはじめ、人から聞いた話、本や新聞で読んだ知識、テレビやインターネットから得た知識などが含まれます。〈中略〉非陳述記憶には、手続き記憶や条件反射などが含まれます。手続き記憶というのは、泳ぎ方や箸の使い方、車の運転といった身体が覚えている記憶です。

井ノ口香著「記憶をコントロールする」(岩波書店)より

ご承知のように、役所は何でも書類で動きます。つまり、陳述記憶に拠ってしか動けないという部分があるわけです。そういうわけですから、たいていが手続き記憶に拠る「技能/手業」の振興は苦手です。少なくとも痒い所に手が届く感じの施策を講じることはできません。アートやデザインについての振興もそうでしょうし、あたたかみのある街をつくるなんていうのも苦手でしょう。

でも、役所は公金で動いていますから、みんなが納得できる「書類」で動くしかありませんし、お役人だろうが、首長さん、議員さん、あるいはコンサルタントだろうが、その人の感性に任せるようなことはことはできないでしょう。でも手続き記憶に関することは言葉では説明できないのです。

というわけで、あたたかい街に暮らしていたいなら、お役所任せにせず「私立」の街づくりをもっと盛んにしていくしかなさそうなのです。

もちろん、お役所にはお役所のいいところがありますが(インターネットだって弊害幕下裏じゃないでしょう)、万能ではないし、決定的に苦手なことがある…

それなのに、街づくりは役所に任せるとか、「民のまちづくり」とはいっても、あくまでも、絵を描くのも、それをコントロールするのも役所で「民」はその参加者として関わるみたいな姿勢でやってきたわけです。

しかも、役所は、未だに言葉で説明できることが「全てなんだ」と思い込んでいる節があります。お役人の一部には、あっちこっちの街から「あたたかみ」が消えていっていることを憂いている人もいますが、彼の認識には非陳述記憶のことがありません。

さて…

でも、だからこそ「民」が手続き記憶(非陳述記憶)のことを大切にしながら、私立の街づくりを始めていけば、カラカラのスポンジが水を吸うように、あっという間に(そうした街づくりが)広がり、街にあたたかみが戻っていく可能性があります(たとえそのひとつひとつは小さくても、です…いや、小さい方がいいかもしれませんね)。

バンドのノリで街づくりが始められるかどうかでしょう。ただ街づくりの場合、ノイジーなのは歓迎されません。そのあたりをコントロールできれば、あとはこっちのもんです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中