生活を文化として楽しむ

井形慶子さんの著作「イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす」(講談社+α文庫)には、ハーバード大学出身なんだけれど単身用のテント担いでヒッチハイクに夜行バスという旅行スタイルのお友達が登場しますが、その貧乏旅行を可能にしているのは、彼の読解力だと思うんです。何気ない日常的な風景から、自分の目や耳でイベントを発見できる力量…実は、そのあたりが、彼がハーバード出身だという所以だと思います。

かつてはイングランドにも高度成長期みたいな時代があり、その時代に成り上がることができた一族には名門大学に行きエリートになった人たちもいて、実際にある程度の地位を得ることができたんだと思います。ところがエリートをやってみると、それはなかなかタフなことで、けっこう疲れちゃったんだと思います。一方、それなりの教養は身につけることができて、エンターテイメントを自家発電できるようになっていた…

そういうことなんじゃないでしょうかね。

ホントはつまらない日常なんてどこにもないんですが、日常を楽しめるようになるためには「読解力」が要る…

でも、現在の日本って、そういうことへ準備が整った時代っていう感じじゃないでしょうか。

たぶん、もうすぐ、のんびりと生活を文化として楽しむ一群の人々が顕在化していくのだと思います。

そういう意味でも、小三治師匠がおっしゃってたことって暗示的です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中