この道を行きましょう

最近になって思うのだけれど

僕は僕が自覚している以上に貧乏の怖さを知らないのだろうと思います。同様に社会の最下層に置かれる惨めさも知らない。だから、年収150万円でもストレスがない方がいいやなどと思っていられるのかもしれません。

何だか申しわけないとも思いますが、あの家に僕が生まれたのも不可抗力。知らないもんは知らないんだから仕方がないやとも思います。

とにかく、この道を行ってみましょう。

フリーランスで52歳までを生き延びることができたわけですから、あとは余録いたいなもんだと思えばいい。

それなりの熟慮の結果でもあります。この道を行きましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中