超芸術/路上観察学との出会い

土岐哀果による「生活と芸術叢書 発刊の辞」が、僕のアートやデザインとの関わり方、その方向性を定めてくれたものなら、今に至る「街への眼差し」を定めてくれたのが、赤瀬川原平さんたちの「超芸術」という提案であり「路上観察学」という考え方でした。

1972年、赤瀬川原平さんや南伸坊さんたちが四谷(新宿区本塩町)の街角で「階段を登っていくと、その先には、ただ降りるしかない階段がついている」だけの階段を発見します。彼らはこれを「純粋階段」と命名しました。

そして、その後も同様の発見が続き、こうしたものを

tomasonつくった本人は芸術作品だとは思っていないのに「芸術のように実社会にまるで役に立たないのに芸術のように大事に保存されあたかも美しく展示されているかのようなたたずまいを持っているもの」として、これらを「超芸術」と呼びました。

(書名にある「トマソン」は、当時、野球の読売巨人軍にきていた外人選手の名前で、元メジャーなのにさっぱり打てず、でも4番に据え続けられたことから「超芸術」を象徴するニックネームのようなかたちで使われていた言葉です)

路上観察学とは、路上に隠れる建物(もしくはその一部)・看板・張り紙など、通常は景観とは見做されないものを観察・鑑賞することで「超芸術」の発展型というか、もっと文化的に、普段着の「街という空間」を楽しもうよという呼びかけでした。

今も、僕は、この作法の中に街並を歩き、街並を観ています。

そして「超芸術」や「路上観察学」という考え方に出会ったあの日の衝撃と、わくわく感を、今も忘れません。

たぶん、この考え方を知らなければ、脳出血後のリハビリも、もっと辛いものになっていたかもしれません。

ホントに感謝しています。

超芸術トマソン 赤瀬川原平 著/筑摩書房 刊(ちくま文庫)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中