そんなに時間はありません

週刊新潮の2018年2月1日号に見つけたコラムです。
ああ、知価(情報)生産時代の実際って、こんななんだろうなと思いました。とても的確なスケッチだと思います。藤原正彦さんの筆によるものです。全文を引用させていただきます。

「その人がハッピならそのままにしておくjというのがイギリス人の基本的考え方である。他人の行動にめったに干渉しない。そんな国民性のせいかイギリスには変わり者が多い。「ハムレット」の中にも「イギリス人は気違いばかり」という墓掘りの言葉があるくらいだ。周囲の目を気にせずしたいことをする、という人は確かに多い。たとえば冒険家が多い。太平洋探検のクック、アフリカ探検のリビングストン、南極探検のスコット、「日本奥地紀行」のイザベラ・バード女史、エベレスト初登頂の英国隊……。冒険小説も、「ガリヴァー旅行記」「宝島」など枚挙にいとまがない。学問における冒険とは独創的研究だが、力学のニュートン、電磁気学のマクスウェル、蒸気機関のワット、遺伝学のダーウィン、近代経済学を編み出したアダム・スミス、それに大修正を加えたケインズと多士済々だ。
英国人の友人にも変わり者が少なからずいる。Cはケンプリッジの天才的数学者だったが、その後数学者をあっさりやめ、ITの仕事をしたり、囲碁三段の腕前を生かし入門書を著したり、ウィキペディアに大学・大学院生レベルの数学解説を書いたり、と高等遊民になっている。時折そういった解説を読むが、Cの書いたものには一流の冴えがあるのですぐにそれと分る。彼のケンプリッジでの教え子(数学と碁)に、世界一のプロ棋士を破った囲碁ソフト「アルファ碁」を考案したデミス・ハサビスがいる。Cに頼まれ大学生のハサビスにお茶大の研究室で会ったことがある。「プロ棋士に勝つ囲碁ソフトを作るのが夢」と言うから、「今までのものの改良では不可能だ。脳科学􀀁をよく勉強した方がよい」といい加減なことを言っておいた。ところが彼は大学を出て数年後、本当に大学院に入り脳科学を専攻し、卒業して数年後に「アルファ碁」を作ってしまった。
Cの夫人は全英で女性トップ三百に入る実業家だが、ケンプリッジで研究していた愚息をプロレスに連れ出すほどの格闘技好きだ。とりわけ大相撲ファンでしばしば日本を訪れる。彼女はこの三月に会社からあっさり身を引き、映画製作の暮を始めるという。充分な資産を作ったらいつまでもあくせく働かず、田園に移住し庭仕事や読書や芸術など、好きな活動に精を出しながら人生を楽しむ、というのが英国紳士階級の理想なのだ。赤ん坊の頃から知っている息子は高校生の夏休みに拙宅で一月を過ごした。オックスフォード大学の数学科受験を秋に控えながら一切の勉強をせず、プックオフでマンガ本を連日買い漁った。値段がロンドンの五分の一とか言っていた。心配して、「少し数学を見てやろうか」と言ったら、「I am off now (僕は今休暇中)」­とはねつけた。マンガを八畳間に並べたら端から端まで届いたから二百冊はあったろう。ただ、子供は子供で、帰国時に­郵送料が五万円もかかると知り青ざめていた。入試には合格した。優秀な成績で­卒業した後、あっさり数学を捨てロンドン大学で法律を専攻、弁護士を経て裁判官としてマンチェスターで活躍していた。ところが一昨年の手紙に、再びあっさり­職を辞し、男性と結婚しアメリカのシカゴでチョコレート職人になったとあった。仰天動転した私が、昨年我が家を訪れた母親にショックだったかと尋ねると、「少し驚いた」と言ってからショコラティエとしての活躍ぷりをうれしそうに語った。娘はケンブリッジで生命科学の修士を取りながらこれまたあっさり学問を捨て、京都で日本語とキックポクシングを勉強し、今は旅行会社で働いている。Cの家族の奔放さにはいつも目を白黒さ­せられる。と同時に人生を何度も生きているような羨ましさも感ずる。私などは、かしずこうともしない女房に三下り半もi突きつけられぬまま、四十年近くしがみついている。いじましい、いたわしい。

残念ながら「ジェンダー」など、ようようにバリアがフリーになっていかない分野もありますが、急速に「フリー」を実現している分野もあります。「あっさり数学を捨てロンドン大学で法律を専攻」とか、「生命科学の修士を取りながらこれまたあっさり学問を捨て、京都で日本語とキックポクシングを勉強し、今は旅行会社で働いている。」とか。知価(情報)生産においては、これまでに考えられないほどの適材適所が実現しようとしていて、それだけに、また生産される知価(情報)もより良質なものになろうとしています。

しかし、高次な教育を受けることができない、つまり、そうした資金力を持たない人々は、以前にも増して頑強なバリアに閉じ込められるようになって、ますます出口を見失ないつつもあります。生産される知価(情報)がより良質なものになっていけば、なおさら、追いついていくのは難しくなるでしょう。

その状況に、マニュアル・レーバーがない。そのあたりはAIが代行してしまいます。こちらも、かなりの高次になる業務に関しても代行が可能。そして、彼らは「電気」しか食わず年中無休で24時間、働きます。

藤原さんが紹介されているように、UKあたりでは知価(情報)生産の現場のあり方が実線で描かれようとしていて、邦人と異邦人がマニュアル・レーバーを奪い合う状況も恒常化しようとしている…
この流れが日本にやってくるのも間もなくのことでしょう。

しかも産業革命がそうだったように、後から、その洗礼を受ける国ほど、急ピッチで物事が進む。日本の場合は、知価(情報)生産な現場が確立されるのとAI化が同時進行でしょう。それに経済的な苦境が重なれば、企業を守るために、AI化はさらに急ピッチです。

(裁量労働制のゴリ押しだって、企業を守るためでしょう)

とにかく、そんなに時間はありません。

多数決

土建な工事、農作業までもがAIとロボット。軍事的な行動も、現場はロボットやドローン、つまり、兵士いらずな時代になると、集団生産な時代は完全に終わりになっていくのでしょう。

(シンクロする多数が生産の主体である時代は終わっていくわけです)

そうなると「質(しつ)」を問わない量的な「多数」に軍配をあげるような民主主義も大きく変化する…確かにヒトラーのような存在を誕生させるのが「量的な多数に軍配をあげるような民主主義」ともいえるし、トランプさんのような存在が、国内外に傷跡を残して「次」の時代へと導引していくのだろうと思います。

感情的で社会性のない大人たちはたくさんいます。それは工場労働などの集団生産の現場でシステムの部品になれれば、それ以外のことは知ったこっちゃないという「公」による教育のあり方にも大きな問題があったのでしょう(社会への適応力なく、よくまぁ、これでやってこれたなと思うお父さんたちがたくさんいます。故に、お父さんたちは家庭でも社会でも孤立的です)。

あの頃「武士」というものが階層ごと(短時間のうちに)滅んで、西南戦争を含むいくつかの「武士による反乱」が起こりました。しかし、戦闘のプロであったはずの彼らは、最新の武器で武装した素人(徴兵による)にあっけなく鎮圧されていきます。

これから同様のことが起こるのかもしれませんが、労働の質、生産性においてもAIにはかなわない。時代というのは非情なものです。

AIが主体の時代になれば、ストライキやサボタージュも効きません。暴動の鎮圧に出てくるのも生身の人間では無くなっていくのでしょう。ただ、安倍さんや麻生さん、トランプさんみたいな政治家も「多数決」に値打ちがなくなれば必要とされなくなるのかな。今も「お守役」みたいな人は苦労しているでしょうからね。

市井では「お金」の意味が変わり、多数決な民主主義のあり方、つまり、政治のあり方も変わっていく。「多数」に値打ちがなくなれば「お役所」のあり方だって変わっていくでしょう。
前の大戦の時は、戦争に負けても産業の形は集団生産を主体に継続していきましたが、今度は、そうしたところからして「大きな断層」…生半ではありません。

「マス」な集団生産な時代が終われば優秀な複写機なら食っていける時代も終わります。つまり「これまで」の経験が通用しないばかりか、そこから類推することもかなわなくなります。
確かに「あしたはあしたの風が吹く」なわけですが、あしたの風はとんでもない暴風である確率が高い…事実、1945(昭和20)年にはそういうことが起こったわけです。

誰だって、簡単に回答できないことに悩むのは気重ですが、干殺しに合うような事態だけは避けておきたいものです。
人間、とんでもなく醜いことをしてまで生き延びてしまうのが「性(さが)」なようですから(そうなると辛いですからね)今のうちに悩めるだけ悩んでおきましょう。

三色

次の時代になっていると社会が三色になってるんでしょうね。

ひとつは、エスタブリッシュな、絶対的なお金持ちたちの社会です。
全人口に対して、ほんの数パーセントいるかいないか。恐慌にいきあたって財産半減でもビクともしないお金持ちです。

次に彼らのための食品や生活道具、服飾などをつくりだす腕を持つ生産者や技能職。それに彼らの資産を運用のネタになる科学技術やアート、デザインに腕をふるったり、専門的なアイディアを供給するリチャード・フロリダ曰くのクリエイティブ・クラス。そして、その技能職やクリエイティブ・クラスの人々のための食品や生活用品を供給する生産者や工房な人々。この分野は世襲じゃないだけに勃興が効きそうですが、エスタブリッシュやクリエイティブな人たちに愛されるだけの「質(しつ)」をつくり出すには、つくる人にそれなりの生活文化を持ってることが要求されるものです。そうした生活文化を当代に実現するためには、そこに至る数代の努力が必要で、現実的には「天才の出現」以外、勃興は難しいというのが現実でしょう。

故に、このあたりの人々も人口全体の10パーセント程度で、そうそうは増えていかないのかなと思います。

(僕は、擬えれば、高校の野球部全体の中で、甲子園の決勝戦に残る高校くらいな感じがエスタブリッシュで、技能職やクリエイティブ・クラスの人々がベスト8か16か…っていう感じにイメージしています)

そして

80%を超える「ふつう」な人々はベーシック・インカムを主な収入源として暮らし、住居は自らがサンプルになることを前提に製薬会社など大手企業が無償提供するものに暮らす人も少なくないのでしょう。WiFiやスマホなども同様に無料。食料や菓子、酒類などは政府に拠る「配給」かな。教育や医療も、それなりに「公」が用意するのだと思います。

もちろん、100%の労働が無くなってしまうわけではないでしょうが、お金がなくても暮らしていける社会でお金儲けをしても仕方がないので、お金を稼ぐための労働というより、労働は「人助け」的なものになるでしょう。

ただ、徴兵付きかもしれません。もちろん、空爆などの対象にもなる…
今もそうですが、世の中「数でしかない人」には酷いものです。

産業革命の頃なら「数」にも値打ちがあって、故に労働運動が力を持ったわけですが、そのあたりはAIが電気代だけの無償労働で年中無休の24時間営業です。

エスタブリッシュな人たちの権益争いのための「人柱」になる…
それだけが「生かされている」意味になったりするのかもしれない。

労働から解放されても、バラ色の未来とはいかないようだし、
封建時代以上に「階級」は、もっとフィックスされちゃったものになっているのかもしれません。

修羅場

なんの予告もなく、ある日、お役所が機能を停止する。仕事も無くなる。貯金はパァ…というのが、前の敗戦です。戦争に負けたっていうより、市井の体感としては、そんなところだったと思います。
村方では男たちの多くが戦地から帰還せず、農家は働き手を失って農業の継続が難しくなった…林業でも漁業でも同様の状態があったようです。

昭和恐慌を政府は軍需産業と大陸侵攻で乗り切ろうとしました。そのため、当時のこの国の「ものづくり」は、兵器だけではなく、兵士が使う弁当箱や軍装品、彼らが飲む酒やタバコなどに至るまで「軍需」になり、街場の経済も「軍需」を中心に回っていました。その上で、大陸に侵攻して権益を奪い、こちらで余剰となっている国民を移民させる。でも、これでは「支払わせた税金を還流させている」と「他国の権益を奪ってくる」ですから、本格的な解決策になっているわけではありません。そもそも日露戦争などのために外国から借りた借金も、この苦境の原因でしたから「軍需」でさえも悪あがきというところもありました。

僕には、次のオリンピックも含めて公共事業な「土建」は、当時の「軍需」に似ていると思います。政府が借金で首が回らなくなっている状況も似ているし、徴兵ではなく少子高齢化が原因だとしても「地方」は、やはり瀕死の状況にあります(地方に行けば行くほど「公立」の建物ばかりが立派ですが、その財源は税金です)。あらかじめ将来の空きビルを造っているような都市の再開発、未だに癒すことのできないバブルの傷跡も、大都市の都心にさえ空洞を生んでいく点で、あの頃の都市が空襲にやられたのと似ているでしょう。これからは郊外の住宅地も空洞化していきます。

あの頃と違って、わが国は、外国にたくさんのお金を貸しています。AIとベーシックインカムが、光明になるのかもしれません。でも「これまで」と「これから」は、あの頃「戦時体制」から「戦後」へと変化した以上に大きな断層に隔てられることになるでしょう。ベーシックインカムとは、国民の大半に生活保護が必要だということでもあります。

あの頃の日本は10年を経ずして新しい時代に乗り換えてゆきます。でも、その「10年足らず」に「死ぬかと思った」というのが、ひいばあちゃんの感想です。70年ほどをひとつの体制のなかに、ほぼほぼ無風に過ごしてきた「戦争を知らない子どもたち」である僕らは、のんびりと構えたお坊ちゃんと深窓の令嬢。「要求」はできても「創意工夫」は苦手です。

たぶん、悲惨なことになります。

たいていが税金と借金で食っているようになれば「敗戦」も間近です。自分の身を食べていきているわけですから、致死量に至れば「敗戦」です。

戦争がなくとも「敗戦」はあります。そして、敗戦になれば、あの頃のように弱肉強食の修羅場です。

自律的な生活力

1945(昭和20)年8月15日の正午、外出先で玉音放送を聞いた幣原喜重郎は、電車に乗って帰途に就く。
車内で30代の男が叫んだ。「一体君は、こうまで、日本が追い詰められていたのを知っていたのか。なぜ戦争をしなければならなかったのか。……おれたちは知らん間に戦争に引入れられて、知らん間に降参する。怪しからんのはわれわれを騙し討ちにした当局の連中だ」。男は泣き出す。乗客も「そうだそうだ」と騒ぐ。
幣原は心を打たれる。「彼らのいうことはもっとも至極だと思った」。幣原は敗戦の日の「非常な感激の場面」を心に刻んだ。

井上寿一 著 「戦争調査会 幻の政府文書を読み解く」より

敗戦後、(実質的に)初の宰相となった人は「彼らのいうことはもっとも至極だと思った」と仰ったようですが、僕はそうは思いません。もちろん今とは比較にならないほどに開示された情報も少なく、(市井においては)「こうまで、日本が追い詰められていたのを知っていたのか」を充分に理解できるほどの教育の機会も与えられてはいなかったのでしょう。でも、市井にだって、早くから「敗戦」を予感して準備している人もいました。うちのひいばあちゃんもそうですが、彼女は読み書きができませんでした。

僕らの場合、現場に威張っている大人はいませんでした。みんな大人は肩身が狭そう。戦争に負けたショックが残ってますからね。

この一節は、秋山ちえ子さんと永六輔さんの対談本「ラジオを語ろう」(岩波ブックレットNo.550)から、永さんの発言です。
ここで言われている「大人」には、同時に「男性」という意味も含まれていますが、こうして大人の男たちが押し黙ったために、戦後のラジオは女性と若者(永さんも当時の若者)で始まったと、永さんは仰っています。
「みんな大人は肩身が狭そう」は、「敗戦」について、多くの男たちに加害者感みたいなものがあったんでしょうね、思い当たる節があったんだと思います。

あの頃に例えれば、今、この国は「敗戦」に向かっていっているのだと思います。
今を、あの頃と同様に過ごして、そのときを迎えた後に「おれたちは知らん間に戦争に引入れられて、知らん間に降参する。」と叫ぶのか。肩身の狭そうな大人になっているのか…

いずれにせよ。「今」の過ごし方でしょう。
罪を問うことはできてもお金は帰ってきませんし、就職の面倒もみてはくれない…

「敗戦」を予測し、どう準備しておくか。

あの頃と同じように、「従う」ことで無難に過ごしてきたら、「あしたから」自分たちで生きてゆけとセルフ・サービスが求められる…

(お役人にとって「敗戦」は、都合のよい理由でもあったでしょう)

だから、だから、自律的な生活力を。

忸怩たる思いはあっても

1964(昭和39)年の東京オリンピック。その大会で金メダルをとった女子バレーボール・チームは「東洋の魔女」と評され、この大会で国民的な話題を集めたのヒロイン(ヒロインたち)でした。ソビエト連邦チームとの決勝戦のテレビ視聴率は66.8%(関東地方)。監督だった大松博文氏の「なせば成る」「俺についてこい」は流行語になり、それらの言葉をタイトルにした著書もベストセラー、「俺についてこい」は映画化もされ、彼は参議院議員にもなりました。

今だったら強引ともいえるような監督がいて、選手たちは彼のスパルタに耐えながら、チーム一丸となって最後は金字塔のような目標を達成し、涙で終わる。そして、チーム・スポーツである…

(スポ根ものの ある典型ですね)

でも、これは工業生産時代であり、集団生産の時代だからこその美談であり、垂涎の的となる物語でした。同じチーム・スポーツでも、現在のサッカーなどとは別の趣のもの。前の東京オリンピック当時は、選手の個性も、あくまでも「チームの一員」としてのそれだったし、移籍する選手は異端(つまり、裏切り者)か、成績が悪いからチームに残れないといったイメージなもので、チームに準じてこその選手でした。

(そういえば、プロ野球の選手なども、そうでしたね)

農業において集団生産がはじまって以来、ずっと「みんなが力を合わせて」が戦力になる時代が続いてきました。ひょっとしたら弥生時代以来のことかもしれません。
もちろん工業生産も、近代な産業のほとんどが「みんな」の統制力で生産効率を高めてきました。

しかし、いつしか省力化といえば「人間」を減員しての機械化を指すようになり、そして、ついにはAIの登場です。

音楽業界ではデジタルな楽器の登場から、すでに大半のスタジオ・ミュージシャンやバンドマンが職を失い、ホテルやクラブのピアノ演奏も「無人」に置き換えられ、今やDTMの時代です。
印刷だって、イラストレーターなどでデザイン・データをつくれば、あとは刷版を作ってもらって印刷するだけ。写植屋さんや、印刷屋さんの取次営業マンも「減員」の対象です。

多数決の「多数」に値打ちがあったのは「みんな」にプライオリティがあったからでしょう。
それ故、その多数がベイシック・インカムで社会的な扶養家族になってしまえば「多数」の力強さも失せてしまうのでしょう。知価(情報)生産時代になれば、たった一人の変わり者の方が産業効率の良い稼ぎ手にもなります。

たぶん、千年に一度 というような大変化期です。もちろん「オレのせい」じゃないわけです。

でも…

この時代についていかなければなりません。落伍しても高度に発達した医療が生命だけは維持しちゃうでしょうからね。医療こそ、大手を振って公費を突っ込むことができるビジネス。ベッドに縛り付けられても「生かされ」てしまう可能性があります。

お金2.0

AIなどのテクノロジーが急速に発達していく、大半の労働が価値を失います。人間がやるよりも機械がやるほうがはるかに安価で効率的であるからです。そうなると大半の人が失業してしまうことになります。

佐藤航陽 著「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」(幻冬舎 刊)より

あっさりと凄いことが書いてあります。大上段に振りかぶっての「警告」という重さもなくホントにあっさりと。で、この文章に以下のような文章が続きます。

そこで、ベーシックインカムの導入などを考える国が増えてくるでしょう。ベーシックインカムとは、生活するための必要最低限の生活コストを国民全員に支給する仕組みです。日本や欧州の生活保護のような社会保障を全国民に適応したものです。もしくは、巨大企業が公共サービスに近いものをほぼ無償で提供するなどして、生活コストを大幅に下げるという、企業による無償提供という意味でのベーシックインカムも考えられます。
例えば、グーグルが自社の製品しか利用できないけれど無料で住めるアパートのようなものを提供することも十分考えられます。その家は、グーグルのWi-Fiが無料で使えて、パソコンとスマホは全てグーグル製でChromeとAndroidがあり、グーグルHomeが置いてあり、家全体はグーグルNestによって制御されています。

たぶんね。これは昭和18(1943)年に「近い将来、日本、戦争に負けるかも」という話をしているようなものなんだと思います。「そんなこともあるかもしれないとは思わなくもないけど、まさかね」と。
でもそんなふうに思っていたら、翌年末には各都市をターゲットにした空襲が本格化し、さらにその翌年の3月には東京の下町が焼き払われ、一晩で10万人が亡くなり、8月には広島と長崎に原爆を投下される…判る人には昭和20年の現実がデジャビュのように思えていたことでしょう。そんなもんです。

僕は似ているなと思うのです。

まさか、国民の大多数が生活保護なんて考えられないのが、現在を生きている僕らですが、あの頃、何も知らずに「いざ来いニミッツマッカーサー出てくりゃ地獄に逆落とし」などの惹句に踊らされ、しかも、人がいいこと この上なく、敗戦時にさえ、楽々2年間はこの国をやっていけるだけの資金や物資を政府に溜め込まれ、役人たちに私的に溜め込まれて臥薪嘗胆を強いられていた、あの頃の人たちと比較して、僕らが、もっと賢くなっているという保証はどこにもありません。

むしろ、あんまり変わっていないのが…僕ら、じゃないのかな。

佐藤航陽さんの著作「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」。みんなが生活保護で暮らし、住居やあらゆる生活利便が「タダ」なら、お金のありがたみも変わっちゃうだろうという話し…
テレビで紹介されることはありませんが、ラジオでは、それなりに紹介されていて、本屋さんでも平積みだったりしますし、もう「10万部」だそうです。だからって、書いてあることの全部が正しいってわけじゃないんでしょうが、そんなに絵空事が書いてあるわけじゃないんじゃないかな。

「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」と思っていたら、さらに新しい経済常識にアジャストしていく必要があった…と。
1961年生まれにはキツい時代ですが、淘汰されないためには賢くなるしかないということでしょう。一夜漬けじゃあ、学校のテストは乗り切れても、人生は乗り切れませんからね。

とてつもなく「長い時間」

珈琲を飲みたい…
ストックがなければインスタントコーヒーを買ってくればよい。
凝ったとしても、せいぜい焙煎された豆を買ってきて
豆を挽いてドリップするくらい
そういう常識で暮らしていたら、珈琲を飲みたいなら、珈琲の樹から育てろと。

現在、僕らが「置かれている状況」っていうのはそんな感じです。
既製品を買ってくれば済むのと違って、樹から育てて収穫して、さらに加工したり、乾燥させる時間も必要なので「買ってくる」に比較すれば、とてつもなく「長い時間」が必要になります。

間に合わせるためには、一刻も早く「準備」を始めることです。