メジャーリーガーみたいに

前の大戦が終わって、やはり「進め一億、火の玉だ」をまともに信じていた人々は混乱したそうです。特に、ずっと洗脳されるような教育で育ってきた軍国少年・軍国少女は信じてきた価値観のカタストロフ…死ぬような思いだったでしょう。うちのオヤジは軍国少年・軍国少女よりは年上の世代ですが、どこで死ねたら華々しいかが「希望」であって、25歳以降の人生は「白紙」の状態だったそうです。故に、戦後も困ったし、やるしかなかった動乱期が終わり、子育ても、まぁまぁ心配事ではなくなると、また、どうしていいかわからなくなったそうです。オヤジにとって、ずっと「25歳以降」は空白のままだったのでしょう。80歳を過ぎたとき「まさか、80まで生きているとはな」と、しみじみそう言っていました。

今に擬えて言えば、できるだけいい成績で、みんなと仲良くやって、会社に入って「憶えて、慣れる」、やぱり「仲良くやって」の全面否定でしょう。でも、工業生産時代が終わり、知価(情報)生産時代になり、マニュアル・レーバーがAIに乗っ取られるとなると、じゅうぶんに「ありえる」ことです。

学校でも軍隊みたいな行進を押し付けられて、同級生や職場の仲間にも気を遣って、PTAや町内会・自治会でも気を遣って、つまり、神経をすれ減らして国民をやってきたら、これからは非国民の時代だといわれる…たまったもんじゃありません。

でも、そういうことが起こる。起こらなければ、さらに酷いことになる…

あのとき、ポツダム宣言を受託せず、ホントに本土決戦などということになっていたら、高い確率で、こういう戦後はなかったでしょう。この国が北と南に(あるいはさらに複雑に)分断されていた可能性もあります。

福島で現在進行形で起こっている何かは、予測が不可能なくらいの災禍を生み、国際的な信用もガタ落ちだから投資も凍る。1980年代末のバブルの傷跡も癒せないのに、さらに現在進行形で続いている都市再開発事業が全国の都市を焦土にしていくのでしょう。そして、マニュアル・レーバーがなくなる。小売は全滅のような経済不況…

故に「闇市」からのやり直し…

でも、いくつかはっきりしてきたこともあるのかもしれないですね。

例えば、高い確率で集団生産は廃れて、インデペンデントのコラボみたいな仕事スタイルになる…高校野球みたいな野球じゃなく、メジャーリーガーみたいな野球のスタイルに変化する。自由だが自己責任で成績が悪ければリリース。でも、お客さんもそれを喜ぶようになるし、社会通念になって、つまりは年功序列や終身雇用などは今は昔の話になってしまう。

でも、庶民は、そうした世の中の変化についていくだけ。努力のポイントはそこにあるわけです。

なんの資格を取ろうとか。どういう会社が生き残るかということより、メジャーリーガーみたいにやっていける自分をつくることでしょう。

シンドいですけれど、たぶん、僕らが生きているうちの、近未来の出来事です。

具体的な準備

苦学している人も少なくないと聞く現在の若者には申し訳なくなるような気分で、最高学府に在籍していた人が大半だったろうと、1961年生まれの僕は思います。世の中はバブルへという時代でした。僕らや僕らの後輩たちは大学といえば「サークル活動」。そこは学府と捉えて、真面目に研究に勤しんだ人など、滅多にいなかったでしょう。

(団塊の世代は大学ロックアウトでろくに講義も受けずに大卒になれたって…)

「末は博士か大臣か」といわれたほどに大学や大学院に値打ちのあった時代に学んでいたみなさんに比較すれば、僕らなどは遊び半分のチャラい学生だったはずです。法学部を卒業したって、法律の専門家というには遠く及ばず、でもまぁ、なんとなく法学士で、それなりに遇されて職に就いている。確かに、その後の職務経験で研鑽を積む人もいるけれど、たいていは仕事の進め方に慣れるだけ。例えば、お役所に勤めて何年かすれば、会議の進め方や市民からのクレームや陳情処理のコツは掴むが、公共政策に見識を高める人は少ない…といった具合(もちろん、例外的に、現場知から専門家も舌を巻く見識をお持ちになる方もいらっしゃいますが)。でも、そのことを咎める人はいません。

赤信号、みんなで渡れば怖くない…といったところ。

今や、世の中のあらゆる職種から真のプロフェショナルは消え、学芸会なのに、それが大歌舞伎のように言われてしまって久しい。吉田茂氏や田中角栄氏と安倍さんを比べてみれば今日、この国がおかれている状況がわかります。

権限を持った素人が、声の大きな素人(クレーマー)に翻弄されながら政策決定している。

政府や自治体だけでなく、東芝などの一流とされる大企業もそうなのでしょう。

安倍さんや官房長官だけが特筆的にあのような力量不足の人というわけではありません。彼らを頂点とする同質の人々は海面の下(つまり市井に)膨大な量を以って存在しています。

だから、問題は深刻だし、短時間での解決の可能性はないのです。

たぶん、幕府が倒壊したときも、前の大戦に敗戦したときも、こんな感じだったのでしょう。
来月は総選挙で、安倍さんたちは大敗するのかもしれませんが、それで、すっきりと状況が好転していくわけではありません。病巣は身体の隅々にまで転移しています。

怖がっていても、そのことによって「來るとき」のショックが和らぐわけではありません。
覚悟と具体的な準備が必要です。

闇市を生き延びる覚悟

安倍さんがこのまま逃げ切って、オリンピック・ムードは煽られ 廃炉処理の問題も情報には蓋をされるが、でも事実は染み出ていく。

イマドキはインデペンデントのジャーナリストも元気で、東電の記者会見でもキレイにツッコミを入れて、その模様をYouTubeにアップして国際配信する。するとドイツあたりの環境NGOあたりに招待されて、それで「これで日本の国民は黙っているんですか」というような数値を伝え(もちろん東電の記者会見で発表された数値)、そして、ドイツあたりに、ひとつの認識が静かに出来あがっていく…

被災地はいつまでたっても工事現場のようで、東芝という災禍も街場でも見て取れるようになる。各地の再開発事業は先にできたところから閑古鳥になり、でも、新たな工事は続いている。
なぜ無人化したのかがわからないほど、人々の就業は不安定になり、1000万人の団塊の世代が高齢者になってなお、就業を必要とするために世代間の対立も激しくなっている。

そうした状況に東京オリンピックが強行されるが、メジャーな先進国から原発事故への対応を理由に参加辞退が表明される…理路整然としているので抗することもできず、さりとて、これまでを「とぼけてきた」わが国の政府は状況を続けるしかなく、政府は信用を失い、汚染に絡んでインバウンドなどの光明も失い、政府に騙され続けきた、この国の国民も信用を失う…しょうがない。民主主義なのだから。

(かのマッカーサー元帥が言ったという「もし、アングロサクソンが人間の年齢で、科学や芸術や宗教や文化の面で見て45歳とすれば、ドイツ人も同じぐらい成熟していました。しかし日本人は、時間的には古くからいる人々なのですが、指導を受けるべき立場にありました。近代文明の尺度で測れば、我々が45歳という成熟した年齢であるのに比べると、日本人は言ってみれば12歳の少年といったところでしょう」という感じに日本人の民主主義は馬鹿にされちゃうのかな。でも、アメリカ合衆国もUKも似たようなもの…先進国に蔓延し始めた「排他的ナショナリズム」って、20世紀の民主主義が産み出した「群としての裸の王様」状況なんだけれど、だからこそ、このことが「後悔先に立たず」の大災禍を世界中に巻き起こして、愚かな人類はやっと次のステップを歩み始めるんでしょう。それそこ、前の大戦での敗戦と、その後の日本みたいに。日本だけじゃなく、大衆による民主主義はどこの国でも12歳の少年です)

いずれにせよ、この国の大衆的な消費市場は縮小の一途。もう手の施しようはありません。移民に頼れば日本国民はさらに失業でしょう。高度成長期には甘やかされたボンボンみたいに暮らしてきましたからね。

そして、ハイパー・インフレ。

戦後になれば壊滅していた連合艦隊を全部、国費で建造したようなことを今やっているわけですからね。あのときと同じです。

これから、この国は、あの時の空襲が日本中の都市に焦土からの再出発を強い、二発の原爆投下でようやく負け戦を終えられたのと同じ愚かさを繰り返していく…そんな感じなんでしょう。進次郎氏が二代目首相になったとしても、小池さんが女性初の宰相になったとしても、それは戦後の話し。空襲と原爆の後です。

それにね。たぶん勝ち組がいない世界大戦にもなる…

闇市を生き延びる覚悟は決めておかなければなりません。

きのう一日

「戦闘行為じゃない」で頑張ってきたPKO活動を、突然「撤収する」。昨日まで「小学校開校」にこだわっていた理事長が、一転してきょう理事長を辞任して申請を取り下げる。おんぶ政務官にしても一日で豹変しての辞任です。この一両日の出来事は全部つながっているんでしょうね。もちろん、理事長と政務官には「働きかけた人」もいたんでしょう。

すでにリストラの影響が国内の取引先にも広がってきた東芝のこと。3万人規模の社員さんもリストラの対象になるといわれています。
トランプさんとの会談でにクルマや農業などの経済で譲って防衛を取ったとされ(その方が安倍さんのスポンサーには好都合です)、それで悪影響を受ける自動車産業や農業、TPPで肩透かしを食らった人々の不満は世論を動かす規模のものになる可能性もあります。
そして、きのう国会でも取り上げられた学校法人「加計学園」の問題…

撤退、取り下げ、辞任がほとんどタイムラグなく整ったのも、これから起こるかもしれないことを考慮に入れてのことかもしれません。

いずれにせよ、これだけの電光石火。政権が追い詰められていることだけは事実なようです。

ストレス負荷を軽くするために

小学校問題は案外「致命傷」になるのかもしれません。
でも、これで政権が倒れても、工業生産時代から知価(情報)生産時代へと移行しているこの国の現状には変わりなく、「公」が脆弱なら無人化(効率化)を進める民間の動きはますます加速するのだろうし、たった5年の間に1000万人が出生している団塊の世代が一斉に、そしてどんどんと高齢化していくて状況にも変わりがありません。

まるで、いつまでも20世紀を続けていきたいような時代錯誤な成長戦略を打ち出し、しかも政商に牛耳られているような現政権が倒れることは悪いことではありませんが、その政権が倒れても市井の「苦労」は「苦労」で未曾有であるということです。楽になる、ホッとできると思ってはいけません。

人工知能は統計的なデータ蓄積と引き出すスピード、組み合わせなどにはとんでもない力を発揮できても、言葉にも数値にもできないことには、さっぱりです。

たぶん、人工知能に提携のビジネス文書は書けても、相手を思い遣った手紙を書くことは、しばらくはできないでしょう。本来的な意味での「もてなし」などもそうです。

国家資格などを目指して、それを延命の拠り所とするのはあまり勧められませんが、少数でいいからファンになってくれる人が帰って来たくなるようなcafeには将来性があるかもしれません(どこかにあるおしゃれなcafeをコピーしたような店ではなく…)。

会社もいつ退職を求めて来るかわかりませんから「社内の評価」だけに安居するのは危険でしょう。
貯金にも「インフレ」の影響も加味して考えておくべきです。僕は、近く預けておくだけで手数料を取られそうな「貯金」頼りは危険で、何らか「運用」に長けるしかないんだろうと思っています。

いずれにせよ、どんな時代になろうとも、死ぬまでは生きていかなくてはなりません。
できるだけストレス負荷を軽くするために準備です。

「孤独」と仲良く

「みんなでいる安心感」を支えきれなくなるんだと思うんです。そのためのコストとしての「つきあい」を負担できなくなる。そのくらい僕らは貧乏になり、忙しくなる…。「忙しい」は知価(情報)生産に従事できるようになった幸運な人々にも同様でしょう。

だからね。「孤独」と仲良くなっていた方がいいかなと思うんです。

戦国時代で無間地獄

1961年生まれの僕は、もちろんデジタル・ネイティブな世代ではありません。それなのに仮想通貨が金融業界を劇的に変えていく社会を体験しなければならないのです。しかも、高齢になってから

「貯金」という考え方が根底から消え失せる。土地の資産価値が消える。就職先としての銀行だって消える…

まぁシンドイわけです。

たぶん国家も「まず、ありき」なものではない時代も体験するのでしょう。

工業生産時代が終わり、知価(情報生産)時代になり、小型で軽くて持ち運べるコンピュータとクラウドがあれば、異ジャンルの学者やクリエーター、デザイナーなど情報の生産者が出会えて話せる「cafe」みたいなところが最も「稼ぎがいい」場所になり、東京ドームいくつ分なんていう広大な工場や超高層なオフィスビルは無用の長物になり、小さな街(町)や村のどこかが隆盛になり、国家は「広大な工場」のように無用の長物になってしまうはずです。

テレビ番組もman-to-manディフェンスです。各人にオートクチュールな番組構成です。テレビの話題についてけないとクラスで仲間外れになるということもなくなっているのかもしれません。それ以前に、同窓生みたいに「同じ学校を卒業した」が各人を結ぶ紐帯として生き残っているかどうか。友だちなどの「つながり」も同郷や同窓などを離れて、もっと自由でオートクチュールなものになっているでしょう。

こういうことだって、たいていは、しなやかに「次」にはいけないもんで、かつてのブラジル移民の中にあったという「勝ち組/負け組」みたいな混乱を生むわけです。

磯田 道史さんが「戦国時代にだけは生まれたくないですねぇ」と度々おっしゃっていますが、そんな感じかなぁと思っています。
江戸時代が終わって明治になって「散髪脱刀令」が明治4年。260年続いてきたものがたったの4年、しかも満足な準備期間もナシに近い…たいへんだったと思いますけど、たぶんね、そんなもんじゃない。変化は世界的なわけだし…

しかも、昭和22〜24年の3年間で806万、前後1年ずつを足して5年間で見れば1000万人を超える団塊の世代が一斉に後期高齢入りし、無人化が人の仕事を奪ってく時代と、大きな断層のような時代の移行期が重なっている。

まぁ、戦国時代でしょう。

しかも、戦国時代の平均寿命は一説に33歳ですが、これから先は大手を振って医学が発達して死ねない。
僕の脳出血のキャリアでさえ、あと3年で再発しても後遺症なしで助けるなんて話しもあるんです。

無間地獄だなぁ…と。

フツウという色眼鏡

「夜の本の虫 久米書店」(BS日テレ 金曜23:30〜)にご出演だった堀江貴文さんからの「受け売り」なんですけれど、確かにSNS等々インターネットが世界中でインフラ化すれば、当然の事ながら、あらゆる側面で「フラット化」です。年齢、性別、どこに生まれたか…そういうことの「別」は急速に溶けてなくなる。実際にモンゴルの大平原からインターネット越しにマサチューセッツ工科大学に入学を許された少年がいましたが、優秀ならば、僕が少年だった頃には考えられないほどにバリアフリーです。

いや

優秀じゃなくても「興味があれば」かな。

アフリカの電気もない村の子どもたちに実験的にパッドを渡して見たら、遊びながら英語を理解し、短時間にハッキングをする子どもまで現れたという…

あんな感じ。

とにかく「速い」。わざわざ図書館に出向いて閲覧カードをめくって資料検索をしていた時代とは、その検索スピードが違いますし、疲れ方も違う。その気があるなら、どんどんいける。逆に言えば、その気がない人はどんどん置いていかれる。秒単位で置いていかれるわけです。

そして、国も超えて、言語も超えて、剥き身のアイディアが勝負です。世界で一番最初に手を上げなければならない。
昭和初期なら、マスメディアでさえ未発達だから、今は一発屋といわれる芸人さんが全国を回って一生喰えたし、タモリさんみたいな人がいれば、全国に彼の偽物(モノマネ芸人さんじゃなく)が出没して、案外、喰っていけたんだそうです。でも今はマスメディアの塗り残しを埋めるようにSNSもあるわけで、タモリさんが一人いれば、彼が供給者となっているジャンルの、ほとんど全ての需要が満たされてしまいます。もちろん、ヨコハマで一番の唄い手だから喰っていけるなんていうのは今は昔の話です。どこで唄っていようが評価はワールドワイドでしょう。小さな離島で唄っていてもグラミー賞が取れるかもしれない可能性が出てきた一方、「5段階評価の4」みたいな唄い手の立つ瀬は急速になくなっていく…

なんとも厳しい時代です。

でもね。未開拓のジャンルもたくさんある。昔みたいにマスメディアで影響力を持つ人々の評価軸に乗らなくたっていい。コンテストで落選を繰り返していても「産直」したら成功することもある…ピコ太郎がいい証拠です。

とにかく「フツウという色眼鏡」を外して、素の自分を観察してみることでしょう。見せ方によっては、すでに「喰えそうな芸」を持っているかもしれません。

自分を信じてみましょうよ。