評論家

例えば「ポピュラー音楽の評論家」とか…

1961年生まれの僕が若い頃に活躍していた「評論家」って職種の人たちは、「知らないデータ」を教えてくれる専門職っていうイメージが強かったなぁ。「今、ウエスト・コーストで注目の新人は誰」とか。「このアルバムには〇〇ってアーティストがコーラスで参加している」とか。でも、今になってみると、肝心の「楽曲の素晴らしさ」の部分については、思い切り「主観的な感想」で、論拠は「自分の感性」みたいな感じ…

こういう感じが、今はどんどん変わっていっているんでしょう。データの部分は検索エンジンにかなわないわけだし…

「論拠は自分の感性」で済んでたのは、「みんな」についていかなきゃとか、「みんな」に先駆けてトレンドをキャッチ・アップみたいな消費者のニーズがあった時代だったから。それ故に「教科書(テキスト)」に見立てることができた「評論家=権威」が成立した時代の賜物なんでしょう。

(今でも「あこがれや崇拝の的となるもの、こと」を「ファッション・アイコン」「時代のアイコンとなる」なんていいますが、あの頃の「評論家」さんは、これより「先生」感が強い…だから「教科書(テキスト)」)

「私以外私じゃない」が露わになっていく時代には「論拠=自分の感性」じゃ弱いんでしょう。「そりゃ、あんたは好きだっていうのかもしれないけれど」なんて言われちゃいそうですしね。

そもそも「今、ウエスト・コーストで注目の新人」みたいなデータも必要とされなくなるんでしょう。
ただ、自分が、その時、欲しくなる楽曲かどうか…そういう意味では楽曲の背景にある理屈に詳しいより、ステキな時間をつくることができる「選曲家」の方がアイコンになるのかな。どうみても「先生」が必要とされる時代ではなさそうです。

もちろん、未だ「これまで」という時代にいて「みんな」と暮らしていこうとしている人については「従来どおり」だと思いますが…

資 格

国家というか、正確には政府。そうしたものへの信頼がゆらげば、国家資格の信頼もゆらぐというものです。
歯医者さんだというだけでは喰える時代ではないといわれて久しいのがいい証拠でしょう。

国家資格より「腕」…

そして、今や「歯医者さん コンビニより多い」というのが現状。厚労省の調べで、歯医者さんの年間廃業数は全国で1600院程度。毎日5院ずつほどが廃業している計算です(2016年)。

歯医者さん、今は「粗製乱造」気味だったかなともいわれています。

もともと「業務独占資格(その資格を持っていないと、その業務に就けないもの)」「設置資格(その事業を行う際に、その企業や事業所に特定の資格保持者を必ず置かなければならない)」にも、例えば、法曹の司法書士、行政書士などのように、なぜ別々の資格になったのかの必然性があいまいで、資格を与えるお役所側の事情じゃないかと言われているものが少なくありません(分けといた方が、たくさんの「お役人が喰える」からという…)。

「法律上、資格がなくても業務を行うことができるが」って「但し書き」って何?って思いますが、名称だけの独占にとどまる「名称独占資格」という資格もあります。

(名称独占資格=介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、保健師、製菓衛生師、調理師、栄養士、管理栄養士、技術士、技能士、中小企業診断士、マンション管理士、土地区画整理士…などなど)

各省庁ごとに、なんだかわからない外郭団体をつくって果たして実効性があるんだかないんだか判らないような資格を、しかも近接して、乱発する…
あんまり専門的な判断力がなくても「資格」を頼りに依頼すれば安心というのが、利用者側から見た「資格」の最大のメリットだったはずなんですが、もともと、それは「薮の中」にあったという…

まぁ、こういう面でも、自分の判断力だけが頼りなのでしょう。

リアルに歯を治すのが上手くて、費用的にもリーズナブルで 説明も上手いといった、そういう歯医者の先生を自分で探す…難しそうですが、そんな感じが今様なのかな。だったら資格を発行している役所や団体は何をしているの…という気もしますが。

(本格的に治療を要するようになっちゃう前に、歯垢除去なんかで「お試し」しつつ「探しておく」も手なんでしょう。ネットの情報はアテにならないのが世の常ですからね)

多数決

土建な工事、農作業までもがAIとロボット。軍事的な行動も、現場はロボットやドローン、つまり、兵士いらずな時代になると、集団生産な時代は完全に終わりになっていくのでしょう。

(シンクロする多数が生産の主体である時代は終わっていくわけです)

そうなると「質(しつ)」を問わない量的な「多数」に軍配をあげるような民主主義も大きく変化する…確かにヒトラーのような存在を誕生させるのが「量的な多数に軍配をあげるような民主主義」ともいえるし、トランプさんのような存在が、国内外に傷跡を残して「次」の時代へと導引していくのだろうと思います。

感情的で社会性のない大人たちはたくさんいます。それは工場労働などの集団生産の現場でシステムの部品になれれば、それ以外のことは知ったこっちゃないという「公」による教育のあり方にも大きな問題があったのでしょう(社会への適応力なく、よくまぁ、これでやってこれたなと思うお父さんたちがたくさんいます。故に、お父さんたちは家庭でも社会でも孤立的です)。

あの頃「武士」というものが階層ごと(短時間のうちに)滅んで、西南戦争を含むいくつかの「武士による反乱」が起こりました。しかし、戦闘のプロであったはずの彼らは、最新の武器で武装した素人(徴兵による)にあっけなく鎮圧されていきます。

これから同様のことが起こるのかもしれませんが、労働の質、生産性においてもAIにはかなわない。時代というのは非情なものです。

AIが主体の時代になれば、ストライキやサボタージュも効きません。暴動の鎮圧に出てくるのも生身の人間では無くなっていくのでしょう。ただ、安倍さんや麻生さん、トランプさんみたいな政治家も「多数決」に値打ちがなくなれば必要とされなくなるのかな。今も「お守役」みたいな人は苦労しているでしょうからね。

市井では「お金」の意味が変わり、多数決な民主主義のあり方、つまり、政治のあり方も変わっていく。「多数」に値打ちがなくなれば「お役所」のあり方だって変わっていくでしょう。
前の大戦の時は、戦争に負けても産業の形は集団生産を主体に継続していきましたが、今度は、そうしたところからして「大きな断層」…生半ではありません。

「マス」な集団生産な時代が終われば優秀な複写機なら食っていける時代も終わります。つまり「これまで」の経験が通用しないばかりか、そこから類推することもかなわなくなります。
確かに「あしたはあしたの風が吹く」なわけですが、あしたの風はとんでもない暴風である確率が高い…事実、1945(昭和20)年にはそういうことが起こったわけです。

誰だって、簡単に回答できないことに悩むのは気重ですが、干殺しに合うような事態だけは避けておきたいものです。
人間、とんでもなく醜いことをしてまで生き延びてしまうのが「性(さが)」なようですから(そうなると辛いですからね)今のうちに悩めるだけ悩んでおきましょう。

三色

次の時代になっていると社会が三色になってるんでしょうね。

ひとつは、エスタブリッシュな、絶対的なお金持ちたちの社会です。
全人口に対して、ほんの数パーセントいるかいないか。恐慌にいきあたって財産半減でもビクともしないお金持ちです。

次に彼らのための食品や生活道具、服飾などをつくりだす腕を持つ生産者や技能職。それに彼らの資産を運用のネタになる科学技術やアート、デザインに腕をふるったり、専門的なアイディアを供給するリチャード・フロリダ曰くのクリエイティブ・クラス。そして、その技能職やクリエイティブ・クラスの人々のための食品や生活用品を供給する生産者や工房な人々。この分野は世襲じゃないだけに勃興が効きそうですが、エスタブリッシュやクリエイティブな人たちに愛されるだけの「質(しつ)」をつくり出すには、つくる人にそれなりの生活文化を持ってることが要求されるものです。そうした生活文化を当代に実現するためには、そこに至る数代の努力が必要で、現実的には「天才の出現」以外、勃興は難しいというのが現実でしょう。

故に、このあたりの人々も人口全体の10パーセント程度で、そうそうは増えていかないのかなと思います。

(僕は、擬えれば、高校の野球部全体の中で、甲子園の決勝戦に残る高校くらいな感じがエスタブリッシュで、技能職やクリエイティブ・クラスの人々がベスト8か16か…っていう感じにイメージしています)

そして

80%を超える「ふつう」な人々はベーシック・インカムを主な収入源として暮らし、住居は自らがサンプルになることを前提に製薬会社など大手企業が無償提供するものに暮らす人も少なくないのでしょう。WiFiやスマホなども同様に無料。食料や菓子、酒類などは政府に拠る「配給」かな。教育や医療も、それなりに「公」が用意するのだと思います。

もちろん、100%の労働が無くなってしまうわけではないでしょうが、お金がなくても暮らしていける社会でお金儲けをしても仕方がないので、お金を稼ぐための労働というより、労働は「人助け」的なものになるでしょう。

ただ、徴兵付きかもしれません。もちろん、空爆などの対象にもなる…
今もそうですが、世の中「数でしかない人」には酷いものです。

産業革命の頃なら「数」にも値打ちがあって、故に労働運動が力を持ったわけですが、そのあたりはAIが電気代だけの無償労働で年中無休の24時間営業です。

エスタブリッシュな人たちの権益争いのための「人柱」になる…
それだけが「生かされている」意味になったりするのかもしれない。

労働から解放されても、バラ色の未来とはいかないようだし、
封建時代以上に「階級」は、もっとフィックスされちゃったものになっているのかもしれません。

とてつもなく「長い時間」

珈琲を飲みたい…
ストックがなければインスタントコーヒーを買ってくればよい。
凝ったとしても、せいぜい焙煎された豆を買ってきて
豆を挽いてドリップするくらい
そういう常識で暮らしていたら、珈琲を飲みたいなら、珈琲の樹から育てろと。

現在、僕らが「置かれている状況」っていうのはそんな感じです。
既製品を買ってくれば済むのと違って、樹から育てて収穫して、さらに加工したり、乾燥させる時間も必要なので「買ってくる」に比較すれば、とてつもなく「長い時間」が必要になります。

間に合わせるためには、一刻も早く「準備」を始めることです。

所 以

なぜ、それは「いっぺんに来る」のか…

簡単です。止められないからです。あらゆる分野の どのレベルに働く人も わかっちゃいるけど、やめられない…

だから、ダメになるときは束なった太い縄がブツんと切れるようにゆく…

あの戦争も何度もやめるチャンスがあったのに、うちのオヤジたちの世代は男子の三人に一人が亡くなり、日本中の都市が人々の命ごと焼かれ、原子爆弾も投下された。外地からの引き上げにも筆舌に尽くし難い艱難辛苦。戦後の街に戦災孤児たちは溢れ、大陸にも戦争に罪なきたくさんの子どもたちが残された。

つまり、断末魔のような外的要因が「来る」までは わかっちゃいるけど、やめられない。

災禍は「いっぺんに来る」所以です。

できる限りの準備を

昭和恐慌と大正バブルによって生じていた余剰人員を、国費を投じることでなんとかしようとした…それが当時は軍需産業。海軍工廠や三菱ドッグで戦艦を建造するだけじゃなく、兵隊さんの弁当箱を作るんだって、ある意味「軍需産業」ですから国家総動員法の前から、すでに一億が「軍需で喰う」状態にあり、外国から搾取してきた分を国内生産に上乗せして享受するという状態でした(余剰人員を海外に追いやるという措置も取られました)。
しかし、軍需に頼った経済振興策は軍部の暴走を呼び込み、外国からの搾取は当事者国だけでなく、それ以外の国際社会からも非難轟々で、第二次世界大戦…

そして、1945(昭和20)年の敗戦によって軍需と植民地を一気に失い、貯め込んだ軍事国債も紙くずになりました。徴兵によって働き手を失った農村も疲弊。特に都市部では、ほとんど仕事が無くなってしまいました。
あの頃の苦境を「敗戦」と結びつけてばかり考えがちですが「国が戦争に負けた」というより、直接的には「貯金がなくなり、いっぺんに仕事がなくなってしまった」ことが、あの頃の、特に都市部での、うちのひいばあちゃんをして「死ぬかと思った」といわしめた苦境の原因です。人々の仕事が失われれば、もちろん、彼らを消費者にとった小売業などもアウト。髪結いさんも、まずはお客さんが喰えている状況があったればこそ…であることはいうまでもありません。もちろん、行政的な福祉は機能していない…

さて

1980年代以降、この国の産業は「土建」な感じで、どんどんと「国費」あるいは「自治体の公支出」に拠る感じに比重を高めてゆきました。まるで戦前を「軍需」によったのと同じように、です。
そして、その手法の破綻が近いことが、お役所の膨大な借金に現れているわけですが、それでも東京五輪を行おうというのは、あの頃、負け戦を前にさらに巨艦を建造していたのに似ています。

今度は連合国に負けるのではなくAIに負けるのでしょう。少子高齢化に疲弊する農村は、兵隊に男たちをとられたあの頃の農村に似ていますが、それは「AIに拠る無人化」によって切り抜けるとして、それで助かるのは経営者だけ。マニュアル・レーバーな感じに仕事が増えるわけではありません。高度成長期、各人にもたらされた余力も、たいていが「貯金」ですから、どかっとインフレが来ればひとたまりもありません。

そういうわけで

僕は、近く、多くの人の貯金がすってんてんで、巷から仕事が消える日が来るのだろうと思っています。だって「あの頃」に状況が似ているからです。

たいていの地域経済な地元企業はバブル崩壊以降、お役所からの発注にべったりで、故に競争力もありませんから、借金だらけのまま税収を減らし、高齢者の不要負担を強いられる地方自治体が、彼らを支えきれなくなったら一巻の終わりです。大きな企業だって、オリンピックを喜び、リニアを喜んでいるのでしょう。自律的で成績のいい企業もたくさんありますが、収益率がいい企業ほど極端なまでの少数精鋭です。居酒屋チェーンやマンション・デベロッパーは、巷から「就業」が消えれば「死ねばもろとも」でしょう。

僕は「闇市からのやり直し」に向けて できる限りの準備をしようと思っています。

等身大に気楽に生きて

磯田道史さんの受け売りみたいになっちゃうけれど、確かに農業や工業においての技術と違って、いわゆるIT技術やAIにおいての技術は二極化を激しくしながら、大半の人々を貧しくするために作用してしまったんでしょう。鉄腕アトムの21世紀には、たぶん想定されていなかったことだし、実際に技術を開発した人たちだって、そんなことを意図していたわけではないでしょうけれど。

でも、結果としては「社会全体は経済成長しているにもかかわらず、1人当たりの収入を減らす『技術』が誕生したのです」(週刊SPA! 2018年1/16・23号 2018年「この国のかたち」より)ということになってしまった。そして、今もこの状況は加速度的に深刻化の一途をたどっています。

トマ・ピケティ氏が膨大な資料を分析して「少なくとも500年ほどは本格的な下剋上は起こっておらず、どの国でも資産家/特権階級は資産家/特権階級のまま」ということを明らかにしました。例の「わずか数%の人々が世界中の90%以上の富を所有している」というやつです。
その状況下に「知価と呼べるような情報を創り出す機会、AIが追いついてこれないような技能を持つ機会」に恵まれた者だけは、少しだけ暮らしを楽にすることができるのかもしれませんが、それだって少数に過ぎないのかもしれません。とても不幸なことに、当代の努力だけでは、知価と呼べるような情報を創り出すこと、AIが追いついてこれないような技能を持つことは不可能である可能性が高いからです。

トマ・ピケティ氏は「大きな戦争があった時だけ」ほんの少し下剋上が効くという分析結果も示しました。
つまり戦争で手柄を立てると「上」に上がれるかもしれないのです。日本の華族制度の中でも、そうした軍人たちの一群がいて「軍功男爵」などと呼ばれていました。

でも、それでステイタスが得られ、お金持ちになっても幸福になれるのかどうか。かの乃木将軍は二人の息子を戦死させ、自らも奥様とともに自刃です。

考え方を変えてみたらどうでしょう。

お金や資産を保有する「量」を目標にするのではなく、いかに自由でのびのびと生きれたかどうかを尺度にする。それが短命でもいいし、借り暮らしで終わってもいい。一人ぼっちでも「気楽」に生きた方が勝ち…みたいな。もちろん「知価と呼べるような情報を創り出す機会、AIが追いついてこれないような技能を持つ機会」に恵まれた人はそれを目指すのもいいけれど、これも当代の努力では届かないのかもしれないし、その道も幸福に満ちたものかどうかはわかりません。「置かれた場所で咲きなさい」ではないけれど、それぞれに与えられた人生をそれぞれに楽しんだ方が勝ち。もういいやといって笑って死ねることを目標にする。

僕はね。そもそも、人殺しの軍功を積んで華族に列せられるより、その方がうんとカッコいいと思うんです。

なにしろ、縛られないことですかね。それが最後の抵抗のように思います。

隣の芝生は蒼く見えるものですが、等身大の人生を無理せず楽しむっていいもんなんじゃないでしょうか。
だって、あとは世の中が悪いんだし、自分より前の世代に要因があるらしい。しかも蒼く見える芝生の家に住む人も、そんなに幸福じゃぁないらしい(だから、安倍さんは慢性の下痢ピーに悩まされているのでしょう)。
他人を巻き込まなきゃいいんだと思います。あとは等身大に気楽に生きて…

僕などは「一人」が好きなので、孤独死でもいいやと思っています。