みなとのみらい

そもそも借金だらけで、5年くらいの間に次々と「団塊の世代」が後期高齢者入りする中、医療やリハビリ、高齢者福祉などの分野で一気に出費が増大。それに対して、東京との交通連関が悪い南部、西部を中心に少子高齢化で住民税収入は現象。南部、西部には、案外、重厚長大産業の工場があるから、その撤退から、住民の失業や就業対策もしていかなくてはならないかもしれない…そんな横浜市。あらゆるジャンルで、その市役所の下請けのようになってしまっている地域企業は淘汰の波にさらされる。多くは保たない。つまり、旧都心は経済力としても、就業場所としてもさらに地盤沈下、底なし沼へ。

それが近未来の横浜市。

金沢の臨海部や戸塚駅周辺、新本牧など「これままで」の再開発事業は失敗。すでにキーテナントの撤退や、再開発建物の空きビル化、空洞化が始まっており、相鉄線の渋谷に向かっての延伸はオリンピックに間に合わないし、日吉や綱島の再開発事業は、これからの高層化、少子化なのに…
南部、西部にも「これから」の再開発事業の計画はあるけれど、交通網や道路の整備、インフラがよいわけでもなく、広大な再開発地を埋めるほどの人がどこからやってくるのか。東京でだって大型の再開発事業は進められている。

みなとみらいだって、いつまで現況のポテンシャルを保てるのか。

都筑区、青葉区、港北区、緑区に住んで、わざわざ消費意欲を掻き立てられれない横浜駅周辺に彼らが出てくるわけもなく、もともと旧都心と南部、西部の消費者に支えられている大消費地=横浜駅周辺は沈没。現在進められている横浜駅西口はあらかじめ空きビルを造っているようなもの。高島屋さんだって撤退しないとも限らないし、テナントであるところの横浜そごうさんやベイクォーターさん、あるいは丸井さんなのど東口勢にはさらに「撤退」の可能性が高い。

横浜都民と呼ばれる東京都内(川崎市内)への就業者、就業者、その家族の含有率が高い都筑区、青葉区、港北区、緑区だけがポテンシャルを落としながらもなんとか生き残って(まだ、住民、南部や西部に比べれば若いしね)、それ以外はとんでもないことになるのでは。そして、横浜市はゴミ収集やちょっとした道路の補修にも難渋するようになり、しかも、税金は横浜市民として徴収されるわけだから、調子がいい行政区の住民には不満が溜まる。それを補えるほどの成長企業を抱えているわけでもなし…

室町幕府がダッチロールを始めて戦国時代に突入したような、横浜市はあんな感じになるのかな。

そして、これにハイパーインフレが重なる可能性もある…

ペイオフを担保する預金保険機構の資金プールは、わずかに2.3兆円ほど。「銀行が破綻しても1000万円までは保障」なんて不可能でしょう。なまじの準備では乗り切ることのできない近未来です。しかも数年から、遅くとも10年後には戦国時代になっているはず。その時、僕は50代後半か、60代も半ばです。
大手を振って税金が投入できる医療の分野だけは進歩して、その頃には、現状以上になかなか死ねなくなっているのでしょう。

誰もが経験していない時代ゆえに「準備」を教えてくれる先生はいません。自分で考えては実験を繰り返すしかありません。

でも、それしかないんです。

裁判の傍聴とプロレス観戦が趣味

ひいばあちゃんは まず、どんなことなら商売になりそうか、食っていけるかを考えて、その中から自分のやりたいこと、できそうなことを見つけてで食べていくという、そんな考え方の人でした。
会社に就職するということは念頭になく、そんなことをしたら、他人様に人生を握られてしまうし、儲けの美味しいところは持っていかれてしまう…そう考えていましたから、あくまでも自営がスタンダードでした。
「老後」の設計も「自前」で、足腰立たなくなるんだから「タバコ屋とアパート」というのが持論。国民皆年金・皆保険も、ひいばあちゃんが高齢に達してから実現された制度でした。

こうだと思ったら何が何でも実現する人でした。「そりやぁ、無理だろ」は彼女の辞書にはありませんでした。進駐軍との交渉に英語が必要なら、それを短期間のうちに「商談」レベルにまで上達させました。

彼女は、いわゆる「無学」です。小学校も出ているのかいないのか…その程度。でも、知識豊富・判断力的確。ご隠居になった彼女のもとには何人もの政治家も相談に訪れていました。

裁判の傍聴とプロレス観戦が趣味。

これからの時代、このひいばあちゃんのレガシーに、僕はさらに感謝の気持ちを深めていくでしょう。

嫌な予感

1982年の12月から翌83年の2月にかけて、横浜市内の地下街や公園などでホームレス(浮浪者)の方が次々と襲われ殺傷されるという事件が起きました。いわゆる「横浜浮浪者襲撃殺人事件」です。いずれも少年たちの集団による暴行事件。しかも、少年たちは、警察の調べに対し「横浜を綺麗にするためゴミ掃除しただけ」「浮浪者が逃げ惑う姿が面白かった」「退屈しのぎに浮浪者狩りを始めた」と応えました。彼らの認識に、多くの大人たちはぞっとしたのだと思います。連日、ワイドショーを賑わせる事案になりました。

そして、あれから30年以上。多くの大人たちはこの事件を忘れ、30歳を前後する年齢よりも若い世代には「過去に起こった事件のデータ」に過ぎないのでしょう。でも、近く、こうしたことが再燃するのではないかと危惧しています。恐れてもいます。しかも、「逃げ惑う姿が面白かった」というような、あまりにも身勝手な理由などではなく、一見筋が通った「正義の行為」として加害者に賛意や同情が集まってしまうような行為になってしまうのではないかと…

暴力が何も解決しないことは言うまでもありません。それ以前に、最大、最悪の「sin」です。でも、閉塞感の高まった社会はしばしば暴力に走る…それは歴史が証明していることでもあります。

以前、このブログのエントリーでもご紹介したように、団塊の世代の持ち家率は85%を超えています(86.2%=内閣府 平成25年版「高齢社会白書」)。一方、若者たちは高い確率で「一生賃貸」です。そして、個人金融資産(約1400兆円)のうち130〜200兆円を保有するという推計が複数あり、つまり、1人平均約2000万円の金融資産をこの世代が持っているかもという見方もあるわけです。
しかも、あのバブル景気(1980年代末)には、もう不惑をとっくに過ぎた年齢でしたし、その後のこの国の難局にも各所で責任ある立場だったのに無力で今日を迎え、これから先の、知価(情報)生産時代の就業には適応できず、残ったマニュアル・レーバーを若い世代が奪っていく立場になるでしょう(インフレの時代、彼らも楽隠居とはいきませんからね)。

そういう状況に、田沼意知を斬った佐野政言が、芝居狂言の中で「世直し大明神」に祭り上げられていくようなことが現在に起こりはしないかと心配しているのです。

ターゲットは日本中の都市に目立つかたちで点在しています。

ご承知のように「祭り上げる」は、今も現役です。冒頭にご紹介した「横浜浮浪者襲撃殺人事件」の頃だと、いわゆる「ロス疑惑」(81〜82年)、そして佐村河内 守さんの件、川谷絵音さんとベッキーさんの件…

事実より「噺」であり、客観的事実より受け手の潜在意識を投影した印象が優先する。

しかも、走り出したら誰も止められないところがあり、行き着くところまで行く。

嫌な予感がします。

メジャーリーガーみたいに

前の大戦が終わって、やはり「進め一億、火の玉だ」をまともに信じていた人々は混乱したそうです。特に、ずっと洗脳されるような教育で育ってきた軍国少年・軍国少女は信じてきた価値観のカタストロフ…死ぬような思いだったでしょう。うちのオヤジは軍国少年・軍国少女よりは年上の世代ですが、どこで死ねたら華々しいかが「希望」であって、25歳以降の人生は「白紙」の状態だったそうです。故に、戦後も困ったし、やるしかなかった動乱期が終わり、子育ても、まぁまぁ心配事ではなくなると、また、どうしていいかわからなくなったそうです。オヤジにとって、ずっと「25歳以降」は空白のままだったのでしょう。80歳を過ぎたとき「まさか、80まで生きているとはな」と、しみじみそう言っていました。

今に擬えて言えば、できるだけいい成績で、みんなと仲良くやって、会社に入って「憶えて、慣れる」、やぱり「仲良くやって」の全面否定でしょう。でも、工業生産時代が終わり、知価(情報)生産時代になり、マニュアル・レーバーがAIに乗っ取られるとなると、じゅうぶんに「ありえる」ことです。

学校でも軍隊みたいな行進を押し付けられて、同級生や職場の仲間にも気を遣って、PTAや町内会・自治会でも気を遣って、つまり、神経をすれ減らして国民をやってきたら、これからは非国民の時代だといわれる…たまったもんじゃありません。

でも、そういうことが起こる。起こらなければ、さらに酷いことになる…

あのとき、ポツダム宣言を受託せず、ホントに本土決戦などということになっていたら、高い確率で、こういう戦後はなかったでしょう。この国が北と南に(あるいはさらに複雑に)分断されていた可能性もあります。

福島で現在進行形で起こっている何かは、予測が不可能なくらいの災禍を生み、国際的な信用もガタ落ちだから投資も凍る。1980年代末のバブルの傷跡も癒せないのに、さらに現在進行形で続いている都市再開発事業が全国の都市を焦土にしていくのでしょう。そして、マニュアル・レーバーがなくなる。小売は全滅のような経済不況…

故に「闇市」からのやり直し…

でも、いくつかはっきりしてきたこともあるのかもしれないですね。

例えば、高い確率で集団生産は廃れて、インデペンデントのコラボみたいな仕事スタイルになる…高校野球みたいな野球じゃなく、メジャーリーガーみたいな野球のスタイルに変化する。自由だが自己責任で成績が悪ければリリース。でも、お客さんもそれを喜ぶようになるし、社会通念になって、つまりは年功序列や終身雇用などは今は昔の話になってしまう。

でも、庶民は、そうした世の中の変化についていくだけ。努力のポイントはそこにあるわけです。

なんの資格を取ろうとか。どういう会社が生き残るかということより、メジャーリーガーみたいにやっていける自分をつくることでしょう。

シンドいですけれど、たぶん、僕らが生きているうちの、近未来の出来事です。

なんでも自分でやる

「闇市から」のために、何から準備を始めるべきか…

1945(昭和20)年の敗戦直後、人々はまず自らの所有物から「売れそうなモノ」を「売る」を試みたようです。手元に残っていた書籍や鍋釜…ズボンは履いているのだからと下着を売ろうとしたら、誰も買ってくれなかったという話もあるようです。
次に、自分で何ををつくって「売る」を試みる。持てる技術を活かして何かを修理して手間賃を得るというのもあったようです。もっとも、「技術を活かして」とはいいつつ零戦をつくっていたエリート技術者が、流しで鍋釜を修理するみたいな「どぶ板」ですが、それでも技術がある分「活かして」だったというわけです。

うちのひいばあちゃんは、進駐軍の食堂のスタッフにわたりをつけて、ホットケーキ・ミックスを横流ししてもらって闇市でホット・ケーキを焼いて売っていたようです。たぶん、とんでもないクォリティのものだったんでしょうが、飛ぶように売れたそうです。
毎日、両手にバケツを下げてホットケーキ・ミックスを受け取りに行くのは小学生だったオフクロの仕事。子どもだったので、キャンプへの出入りが楽だったというのがその理由なようです。

戦争まではわが家も酒屋と料理屋。ひいばあちゃんの躊躇ない決断と段取りのスピード、交渉力には、ひたすら頭の下がるところです。

(ちなみに空襲被害の少なかった我が町内で、空襲直後から畳屋のおじいちゃんをディレクターに据えて、女性による畳工場を始めていて、これも戦後に渡って、それなりに成功を収めていたようです)

ひとつにマーケティング能力なんでしょが、それより勝負の分かれ目は「躊躇ない決断」なんでしょう。その上で「段取りのスピード、交渉力」については、有事になる前から準備しておくことなのかもしれません。

「段取り、交渉」ほど面倒なことはありませんから、この部分をこそ、平和な時代にはお金払って他人任せにしがちです。しかも、今は、1945(昭和20)年当時とは比べ物にならない「高度サービス社会」。どの分野にも代理店がいて、日頃の掃除にも代行業者がいる…

でも、世の中に何かがあれば、たちまち機能しなくなるのがこの部分です。

準備の一歩は「なんでも自分でやる」クセをつけることから。「段取り」は「慣れ」でもありますからね。でも、このことで、ひいばあちゃん、ピンチをチャンスに替えたようです。

具体的な準備

苦学している人も少なくないと聞く現在の若者には申し訳なくなるような気分で、最高学府に在籍していた人が大半だったろうと、1961年生まれの僕は思います。世の中はバブルへという時代でした。僕らや僕らの後輩たちは大学といえば「サークル活動」。そこは学府と捉えて、真面目に研究に勤しんだ人など、滅多にいなかったでしょう。

(団塊の世代は大学ロックアウトでろくに講義も受けずに大卒になれたって…)

「末は博士か大臣か」といわれたほどに大学や大学院に値打ちのあった時代に学んでいたみなさんに比較すれば、僕らなどは遊び半分のチャラい学生だったはずです。法学部を卒業したって、法律の専門家というには遠く及ばず、でもまぁ、なんとなく法学士で、それなりに遇されて職に就いている。確かに、その後の職務経験で研鑽を積む人もいるけれど、たいていは仕事の進め方に慣れるだけ。例えば、お役所に勤めて何年かすれば、会議の進め方や市民からのクレームや陳情処理のコツは掴むが、公共政策に見識を高める人は少ない…といった具合(もちろん、例外的に、現場知から専門家も舌を巻く見識をお持ちになる方もいらっしゃいますが)。でも、そのことを咎める人はいません。

赤信号、みんなで渡れば怖くない…といったところ。

今や、世の中のあらゆる職種から真のプロフェショナルは消え、学芸会なのに、それが大歌舞伎のように言われてしまって久しい。吉田茂氏や田中角栄氏と安倍さんを比べてみれば今日、この国がおかれている状況がわかります。

権限を持った素人が、声の大きな素人(クレーマー)に翻弄されながら政策決定している。

政府や自治体だけでなく、東芝などの一流とされる大企業もそうなのでしょう。

安倍さんや官房長官だけが特筆的にあのような力量不足の人というわけではありません。彼らを頂点とする同質の人々は海面の下(つまり市井に)膨大な量を以って存在しています。

だから、問題は深刻だし、短時間での解決の可能性はないのです。

たぶん、幕府が倒壊したときも、前の大戦に敗戦したときも、こんな感じだったのでしょう。
来月は総選挙で、安倍さんたちは大敗するのかもしれませんが、それで、すっきりと状況が好転していくわけではありません。病巣は身体の隅々にまで転移しています。

怖がっていても、そのことによって「來るとき」のショックが和らぐわけではありません。
覚悟と具体的な準備が必要です。

闇市を生き延びる覚悟

安倍さんがこのまま逃げ切って、オリンピック・ムードは煽られ 廃炉処理の問題も情報には蓋をされるが、でも事実は染み出ていく。

イマドキはインデペンデントのジャーナリストも元気で、東電の記者会見でもキレイにツッコミを入れて、その模様をYouTubeにアップして国際配信する。するとドイツあたりの環境NGOあたりに招待されて、それで「これで日本の国民は黙っているんですか」というような数値を伝え(もちろん東電の記者会見で発表された数値)、そして、ドイツあたりに、ひとつの認識が静かに出来あがっていく…

被災地はいつまでたっても工事現場のようで、東芝という災禍も街場でも見て取れるようになる。各地の再開発事業は先にできたところから閑古鳥になり、でも、新たな工事は続いている。
なぜ無人化したのかがわからないほど、人々の就業は不安定になり、1000万人の団塊の世代が高齢者になってなお、就業を必要とするために世代間の対立も激しくなっている。

そうした状況に東京オリンピックが強行されるが、メジャーな先進国から原発事故への対応を理由に参加辞退が表明される…理路整然としているので抗することもできず、さりとて、これまでを「とぼけてきた」わが国の政府は状況を続けるしかなく、政府は信用を失い、汚染に絡んでインバウンドなどの光明も失い、政府に騙され続けきた、この国の国民も信用を失う…しょうがない。民主主義なのだから。

(かのマッカーサー元帥が言ったという「もし、アングロサクソンが人間の年齢で、科学や芸術や宗教や文化の面で見て45歳とすれば、ドイツ人も同じぐらい成熟していました。しかし日本人は、時間的には古くからいる人々なのですが、指導を受けるべき立場にありました。近代文明の尺度で測れば、我々が45歳という成熟した年齢であるのに比べると、日本人は言ってみれば12歳の少年といったところでしょう」という感じに日本人の民主主義は馬鹿にされちゃうのかな。でも、アメリカ合衆国もUKも似たようなもの…先進国に蔓延し始めた「排他的ナショナリズム」って、20世紀の民主主義が産み出した「群としての裸の王様」状況なんだけれど、だからこそ、このことが「後悔先に立たず」の大災禍を世界中に巻き起こして、愚かな人類はやっと次のステップを歩み始めるんでしょう。それそこ、前の大戦での敗戦と、その後の日本みたいに。日本だけじゃなく、大衆による民主主義はどこの国でも12歳の少年です)

いずれにせよ、この国の大衆的な消費市場は縮小の一途。もう手の施しようはありません。移民に頼れば日本国民はさらに失業でしょう。高度成長期には甘やかされたボンボンみたいに暮らしてきましたからね。

そして、ハイパー・インフレ。

戦後になれば壊滅していた連合艦隊を全部、国費で建造したようなことを今やっているわけですからね。あのときと同じです。

これから、この国は、あの時の空襲が日本中の都市に焦土からの再出発を強い、二発の原爆投下でようやく負け戦を終えられたのと同じ愚かさを繰り返していく…そんな感じなんでしょう。進次郎氏が二代目首相になったとしても、小池さんが女性初の宰相になったとしても、それは戦後の話し。空襲と原爆の後です。

それにね。たぶん勝ち組がいない世界大戦にもなる…

闇市を生き延びる覚悟は決めておかなければなりません。

きのう一日

「戦闘行為じゃない」で頑張ってきたPKO活動を、突然「撤収する」。昨日まで「小学校開校」にこだわっていた理事長が、一転してきょう理事長を辞任して申請を取り下げる。おんぶ政務官にしても一日で豹変しての辞任です。この一両日の出来事は全部つながっているんでしょうね。もちろん、理事長と政務官には「働きかけた人」もいたんでしょう。

すでにリストラの影響が国内の取引先にも広がってきた東芝のこと。3万人規模の社員さんもリストラの対象になるといわれています。
トランプさんとの会談でにクルマや農業などの経済で譲って防衛を取ったとされ(その方が安倍さんのスポンサーには好都合です)、それで悪影響を受ける自動車産業や農業、TPPで肩透かしを食らった人々の不満は世論を動かす規模のものになる可能性もあります。
そして、きのう国会でも取り上げられた学校法人「加計学園」の問題…

撤退、取り下げ、辞任がほとんどタイムラグなく整ったのも、これから起こるかもしれないことを考慮に入れてのことかもしれません。

いずれにせよ、これだけの電光石火。政権が追い詰められていることだけは事実なようです。